スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス語の棚卸し

今日で2012年も終わり。

少し前に、ブログの中で、藤巻幸夫の「人生の棚卸し術」という本について触れたことがあります。
繰り返しになりますが、藤巻氏は、次のように言っています。


『帳簿につけられている在庫の数量と、実際の在庫の数量が合っているかどうかを確認する作業のことを「棚卸し」という。

「棚卸し」作業を、人生のさまざまな場面において行ってきた。
たとえば、「自分が手に入れたいと思っている人脈」と「現実に手に入れている人脈」にギャップがないかどうかを確認したいとき。
あるいは、「仕事で必要となるコミュニケーション能力」と「いまの自分のコミュニケーション能力」が、合致しているものであるかどうかを把握したいとき。

「棚卸し」をして、「理想」と「現実」にずれがあるとわかったときには、そのズレを埋める工夫と努力をしてきた。
この「棚卸し」作業を通じて、フジマキは一歩一歩成長してきた。
これがフジマキ流「人生棚卸し術」だ。』



藤巻氏を真似て、2012年の最終日、フランス語の棚卸し。
フランス語にとっての自分の理想と現実のギャップ。
一言で言えば、ギャップは極めて大きい、ということになります。
しかし、これでは、あまりに曖昧で、検証ができない。


そこで、客観的事実に基づいて言うなら、次のような感じ。

○理想の2012年12月31日とは、「仏検準1級一次試験に合格し、焦りながら1月の二次試験に向けて準備学習をしている」でした。

○現実の2012年12月31日は、「仏検準1級一次試験に合格せず、基礎を固めるための新たな学習方法を模索している」です。



これを、主観的にいうと、次のような感じ。

○理想の2012年12月31日とは、「フランス語をかなり聞き取ることができ、自分の言いたいことをある程度言えて、自分の考えていることをかなり書くことができる」でした。

○現実の2012年12月31日は、「いまだにフランス語を聞き取ることがほとんどできず、自分の言いたいことをほとんど言えず、自分の考えていることをほとんど書くことができない」です。



う~む、あまりに大きなギャップ。
でも、ギャップの大きいことを嘆いていても、何も始まりません。
大事なのは、そのズレを埋めるための工夫と努力
これまで以上に、学習方法を工夫し、貴重な時間の有効活用を図っていきたいと思います。


ブログを訪問していただいた皆様、ありがとうございました。
学習のアドバイスを下さった皆様、コメントで励ましをいただいた皆様、ほんとうにありがとうございました。
来年も、何とかチャレンジしていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村


フランス語 ブログランキングへ




勝手に1200時間フランス語ヒアリングマラソン
 記録(2012年12月31日18時5分現在)
 前回からの走行時          0分
 通算走行時間       693時間30分
 ゴールまで         506時間30分

スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。