スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

速いフランス語に対応するための学習方法

学習方法について少し新しい要素を加えようと考えました。

このところ、学習の中心は、NHK WORLD Françaisです。
特に、ニュースの中の commentaire
これは、私なりに、読解を軸にした学習の教材としては最適と考えているからです。
その読解の方法は、何度も書いているように、

フランス語上級者への勉強法はコレ!

が勧めている方法です。

最近はcommentaire のスクリプトが多くたまってきて、読解が滞り気味になっていますが、何とか前進しているのかなぁと思っています。

しかし、BFMTV のニュースなどを聞くと、同じ言語なのか?と疑いたくなるほど速いフランス語が話されています。
以前、ブログへのコメントで、NHK WORLD Françaisは遅い、との指摘をいただいたことがあります。

まだまだ、NHK WORLD Françaisをまともに聞くことができ状態ではありません。
しかしながら、日々の学習の中に、やはり、もっと速いフランス語も取り入れていかなければならないと考えます。
ただ、やみくもに速いフランス語を聴いても効果があるとは思えません。


そこで、考えた方法は次のとおりです。
これは、やはり、以前ブログへのコメントで勧めていただいた方法です。
そのコメントをされた方は、自ら、この方法でフランス語を上達されています。

それは「同じニュースを何度も聞いて、徐々に時間をかけて書き取りを進め、自分でスクリプトを作成していく」という方法です。
聞き取れたところからスクリプトを作成していき、分からないところは、関連するニュース記事なども調べて埋めていくという方法。
その過程で読解の学習も進むということ。
ちなみに、この方によれば、「最後のピースが埋まる瞬間がたまらない」そうです。

以前から、この方法も進めようとは思っていたのですが、スタートが切れないでいました。
しかし、このあたりでスタートすることとします。
素材は、BFMTV のニュースにします。
取り上げるニュースの条件としては、

①かなり速いと感じる
②あまり長くない
③興味を持てそうな内容


やはり、最初は短いニュースで慣れていこうと思います。
できれば1分から1分半程度のもの。

これを、talk master slim に録音して、歩いているときや電車の中で繰り返して聞いて、内容を確認し、落ちついて書ける時間に、聞き取れた部分を少しずつ書いていくこととする。
このような感じでしょうか。

一つのスクリプトを仕上げるのに、どの程度の日数がかかるのか予測できませんが、ともかく週明けから始めようと思います。

もちろん、NHK WORLD Françaisの commentaire を使った学習も進めます。
こちらのペースを落とすことなく、進めたいと思います。


にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村


勝手に600時間フランス語ヒアリングマラソン
 記録(2012年6月17日23時59分現在)
 前回からの走行時    0分
 通算走行時間       540時間 
 ゴールまで         60時間

スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。