スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏検準1級受験:家族を待つ自動車の中でもフランス語

今日は日曜日。

午前中は、落ち着いて学習できたので、「聞く」「書く」の学習を進めることができました。
行ったのは、仏検公式問題集の過去問。

まず、「書き取り」、2006年度の過去問
この問題も第3ラウンドです。
まぁまぁ書けた感じがしましたが、残してある第2ラウンドの結果と見比べると、あまり進歩がなかったようです。

次に、「聞き取り大問1」を解きました。
これは第2ラウンドです。
結果は次のとおり。
2009年度 10問中6問正解
2007年度 10問中3問正解
2006年度 10問中5問正解
2005年度 10問中7問正解

合計すると、40問中21問正解で正答率は52.5%

ちなみに、残してある第1ラウンドの結果は次のとおりでした。
2009年度 10問中2問正解
2007年度 10問中4問正解
2006年度 10問中6問正解
2005年度 10問中2問正解
合計すると、40問中14問正解で正答率は35%

第2ラウンドの結果は、第1ラウンドよりもよくなっています。
ただ、第2ラウンドの結果ということも考慮しないといけません。
また、年度によっては第1ラウンドよりも落ちている場合もあります。
そして、年度によって出来と不出来の差が激しいです。

2010年度の仏検の「聞き取り大問1」の平均得点率は43%
第2ラウンドの結果は、全体計では、この平均得点率を上回っていますが、年度によっては下回っているときもあります。

本番では、出来がいい年度のような回答ができればいいのですが、逆の場合も十分にありえます。
一体、この年度による出来不出来の波の大きさは何なのかな?と思います。
私の知らない単語が少ない年度は分かりやすいのか?、あるいは、問題に関わる部分に知っている単語が多いと出来がよくなるのか?
一言でいうなら、相性のいい問題と悪い問題があるのか。
相性の悪い問題とぶつかってしまうことが当たり前と考え、その場合でも精一杯抵抗できるように準備が必要です。
ともかく、シャドウイングと語彙の増強でパワーアップ!


午後には、外出している家族を自動車で迎えに行きました。
時間の約束がしてあったものの、待たされる場合のことも考え、念のため「仏検 準1級・2級必須単語集」を持って出ました。
これが正解でした。
やはり、待たされることとなったので、駐車場に停めた自動車の中で、テキストを読んで、単語のチェックを進めました。

ちなみに、往復の自動車の中では、CD「CHANSON」をたっぷり聞きました。


夜には、「フランス語の書き取り・聞き取り練習 中級編」の「聞き取り」部分のシャドウイング 15分


にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村


勝手に600時間フランス語ヒアリングマラソン
 記録(2011年11月6日23時5分現在)
 前回からの走行時間       15分 
 通算走行時間       438時間55分 
 ゴールまで         161時間5分




スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。