スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏権準1級受験:オリジナル速度でシャドウイングすると、瞬間瞬間に内容をつかむことが難しい

月曜日、規則正しい学習の開始です。

今週も「NHKラジオ講座アンコールまいにちフランス語2011年度」応用編「インタビューで学ぶ会話術」の読解で始まりました。
今日は第8課、AFP通信東京特派員のインタビューの2回目。
ちょっと用いられている表現が難しく感じられました。
ひっかかる部分が多く、考え込んでしまい、スンナリとは前へ進みません。
そうこうしているうちに下車。


下車後オフィスまでは、同僚と一緒になったので、ヒアリングはできませんでした。


帰りの電車の中でも「NHKラジオ講座アンコールまいにちフランス語2011年度」応用編「インタビューで学ぶ会話術」
朝に読んで中途半端になっていた、第8課の続き。
短い文章であるにもかかわらず、途中で考えてしまう表現があり、時間がかかってしまいました。
この教材は、本来は「聞き取り」を意図して作られているものです。
書いてあるものを、目で見て、直ちには理解できないので、とても聞くことはできないのではないかと思います。


なお、途中駅での乗り換えの待ち時間には、「仏検 準1級・2級必須単語集」の準1級の部分の単語のチェック。


夜には、次の2つを使ってのシャドウイングを、合わせて30分
①「アンコールまいにちフランス語2009年度パートⅡ」応用編「数字が語るフランスの現在」
②「2011年度アンコールまいにちフランス語」応用編「フランス文学24人のヒーロー&ヒロイン」

いずれもオリジナルの速度で音源を再生し、テキストは見ないで、シャドウイング。
オリジナルの速度だと、音を真似るようとすることで精一杯です(ゴニョゴニョ言ってしまう部分もたくさんあります)。
瞬間的に内容をつかむ余裕は無く、音を発するだけになる部分も多いのですが、ともかく、この方法をしばらくは続けようと考えていいます。


にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村


勝手に600時間フランス語ヒアリングマラソン
 記録(2011年10月3日23時35分現在)
 前回からの走行時間      30分
 通算走行時間       426時間35分 
 ゴールまで         173時間25分
スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。