スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏検準1級受験:「アンコールまいにちフランス語2009年度パートⅡ」応用編「数字が語るフランスの現在」のシャドウイングも開始

今日は3連休の初日。
23日ですから、仏検一次試験まで2ヶ月を切っています。

きょうは外出の予定もなく、ほとんど家にいたので、結構フランス語の時間も確保できました。


まずは、「中・上級フランス語核心演習」
あと少しで、「語彙編」が終わるので、今日中に終えようと考えました。
最後の方は動詞の言い換えの問題で、知らない動詞が次々出てくるので、苦戦。
思ったようには進まず、相当時間がかかってしまいましたが、何とか、「語彙編」を終えることができました。

このテキスト、次は、「実力練成編」として「発展問題」が21ページにわたってあります。
もちろん、次はこれに取り組むことになります。
ただ、当初の予定では、このテキストは何回も繰り返して行うことにしていたので、このままでは、最初に戻るのはまだ先になってしまいます。
どうしたものかと、考えています。


次は「フランス語の書き取り・聞き取り練習 中級編」
書き取り問題を二つ進めましたが、どうもうまくいきません。
特に、一つ目の問題は、まず、用いられている単語が難しい。
「pays d'acceuil(外国人を受け入れる国)」「pays d'asile(亡命者を受け入れる国)」「ressortissants(国籍保有者)」など初めて聞いて分かるはずがありません。
仮に初めて読んだとしても瞬間的に理解できる文章ではないのです。
そのうえ、2回目のポーズをおいた朗読において、「:(deux-points)」「;(point-virgule)」が出てきたのです。
確かに仏検公式問題集には、このような句読点が出てくることもある、と書いてあったのを読んだ記憶はありますが、すっかり忘れていました。
1回目の読み上げで途方にくれているときに、このような読み上げが入り、いったい何が起こったのか理解できず、すっかり混乱。

ほとんど書けなかったといってもいいぐらいの出来でした。


さらに、シャドウイング。

まず「2011年度アンコールまいにちフランス語」応用編「フランス文学24人のヒーロー&ヒロイン」のシャドウイングを30分

さらに今日から、「アンコールまいにちフランス語2009年度パートⅡ」応用編「数字が語るフランスの現在」のシャドウイングも始めました。
これは、学習計画に含めていたものです。
このテキストはずいぶん使い込んでいますが、録音は、talk master slim に残してあります。
短い文章ですが、フランスの社会について数字で説明を加えていくもので、面白い内容です。
また、既にシャドウイングを行っている2011年度の文学とは、使われている語彙も異なっており、さまざまなフランス語に触れることもできます。
既にこのテキストのシャドウイングは相当行っているのですが、、今日は、まずテキストを見ながら、0.5倍速でシャドウイングを行いました。
2011年度のシャドウイングりは、スムーズといえばスムーズですが、忘れている単語もありました。
このシャドウイングは、15分




にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村



勝手に600時間フランス語ヒアリングマラソン
 記録(2011年9月23日22時25分現在)
 前回からの走行時間      45分
 通算走行時間       421時間45分 
 ゴールまで         178時間15分
スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。