スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏検準2級受験、フランス映画「ロバと王女」分かるところもありました

昨日(10月2日)は書くことができませんでした。

【一昨日(10月1日夜の学習】
夜の11時ごろから、Talk Master Slimの録音を流しながら、「アンコールフランス語講座 2009年度パートⅡ」入門編の「今週のスキット」の部分の音読を始めました。
乗ってきたと思っていると、11時半になり、予約設定しておいた「アンコールフランス語講座 2009年度パートⅠ」(再放送)の録音が始まってしまいました。
ここで、この日の音読は終了です。
この日の音読は30分ぐらい。ちょっと物足りませんでした。

【昨日(10月2日)の学習】
1.朝の通勤電車の中で
前日Talk Master Slimに録音しておいた「アンコールフランス語講座 2009年度パートⅠ」入門編ステップ4を聞きました。
初心者向けの放送ですから、テキストを開くこともなく、一回聞けば、十分に分かりました。

残りの時間は、「アンコールフランス語講座 2009年度パートⅡ」のテキストを取り出して、昨日に続き、入門編の「今日のポイント」のところを読み返しました。

2.オフィスまでの徒歩の時間
USBウォークマンに録音した、「自然なフランス語の上達法教えます」を聞きました。聞きとれるところも増えてきた感じです。

3.帰りの電車
「アンコールフランス語講座 2009年度パートⅡ」のテキストを取り出して、朝に続き、「今日のポイント」のところを読み返しました。

【フランス映画「ロバと王女」を見ました。分かるところもあり。フランス語が泥から石になってきたような感じ】


食後、スカイパーフェクトTVの番組ガイドをみていたら、何気なく、映画「ロバと王女」というものが眼にとまりました。
そして、放送中だったので、何気なくそのチャンネルに合わせると、なんとフランス語の映画でした。
いきなり、飛び込んできた言葉が、「Oui, mon pere.」
それは、王女と王様の会話のシーンでした。
あまりにも簡単なセリフではあります。しかしながら、瞬間的にフランス語が日本語を介することなく、頭の中にそのまま飛び込んで込んできたのです。
単純極まりない性格ですが、嬉しくなりました。
しばらく見ていましたが、登場人物がハッキリとセリフをいっており、また、静かな場面展開だったので、言葉に集中することができました。
短いセリフの中には意味がとれるものがいくつかありました。
また、長いセリフであっても、一部聞きとれたり、言っている単語が何であるかが分かるところも結構ありました。

1年ちょっと前にフランス語の学習を開始したときには、フランス語のドラマをみても、聞こえてくる音はフランス語ではなく、例えれば、なんか音の泥のようなものでした。
ちょっと分かりにくい表現かもしれませんが、ただ音が粘性を持って広がってくるという感じでした。

しかし、この日の印象は、違って、音が切れ目をしっかりともった、小さな塊、例えていうなら小石のようななもの、そんなものの集合体のように感じられました。
それら小石の中にはそれが何であるかわかるものもあるのです。

ともかく、1年ちょっとゼロから始め、それなりの成果はあるものだと、一人感動していました。

スポンサーサイト

テーマ : 司法試験・資格試験・語学試験
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。