スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏検準1級受験:2011年度版公式問題集にトライ、大問5の読解問題はかなり解けました

朝の電車の中では「仏検公式問題集2011年度版準1級」(フランス語教育振興協会)
今日は、一次筆記試験大問5の練習問題にトライしました。
昨日は大問1から大問3まで解いたので、今日は大問4といきたいところなのですが、大問4は記述式問題。
ですから、選択式問題の大問5に取り組むことにしました。

大問5は、読解問題(選択式)。
文中の空欄に選択肢から適切な語句をおぎない、文章を完成させる問題。
一つの大問の中に5つの空欄があり、それぞれ3つの選択肢。
仏検2級に同様の問題があり、大きな得点源になりました。
選択式でもあるので、準1級でも得点源にしたいところ。

電車の中では、練習問題を2問ときました。
結果は、一つは5問中4問正解、もう一つは5問中3問正解。
正答率は7÷10=0.7で70%
ちなみに、2010年度仏検準1級の、大問5の平均得点率は72%


問題の文章は、手の届かない難しさという感じではないような気がします。
難しい文法構造の文章というわけでもありませんし、分からない単語ばかりが続出するというわけでもありません。
文章が何を言おうとしているかは、十分に理解できます。
正答率を高めるためには、文章読解の精度を高めることが求められます。
そして、読解の精度を高めるには、やはり語彙力だと感じました。
実際の試験において、受験者の平均得点率が70%を越えているので、合格のために、目標は全問正解です。


電車の中の残った時間には「2011年アンコールまいにちフランス語」応用編第12回「Rastignac」を読みました。

下車後オフィスまでは、先ほどまで読んだ「2011年アンコールまいにちフランス語」応用編第12回「Rastignac」の録音を聞きました。
文章の逐語的解説の部分を繰り返して聞きました。
ヒアリング時間のカウントは 15分のうち、5分ということで。

昼休みには、「中級フランス語 あらわす文法」を読みました。
とりあえず、今日で、ひととおり読み終えました。
分からないところも多かったのですが、それは、今後繰り返して読んでいくなかで理解を深めていければと思います。
明日からは、「中級フランス語 つたえる文法」を読むことにします。

帰りの電車の中では、「2011年アンコールまいにちフランス語」応用編第12回「Rastignac」を読みました。
朝の電車の中では、ささっと読んだだけでよく分からなかったので、じっくり読むことにしました。
バルザックの文章で、放送の解説の中でも、難しい文章だと説明がありました。
辞書を引きつつじっくりと取り組んだので、かなり理解できました。



勝手に600時間フランス語ヒアリングマラソン
 記録(2011年6月9日22時30分現在)
 前回からの走行時間   5分 
 通算走行時間       374時間30分 
 ゴールまで         225時間30分
スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。