スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏検準1級受験:16倍速勉強法?勉強成果=「地頭」×「戦略」×「時間」×「効率」(その2)

【昨日(2日)の学習】
昨日の昼間にブログを書いた後、外出を予定していましたが、これがとりやめとなりました。
外出時にフランス語の学習をしようと考えていたので、これは誤算。
そうなってくると、きちんと学習時間を確保する必要があります。

時間をみつけ、「仏検 準1級・2級必須単語集」準1級の部分の例文のシャドウイングを2回行いました 40分

また、自動車にのって近くに出る用事があったので、車内では「La radio à lire」のCDを流してヒアリング 10分でしたが。

【本日の学習】
今日も、自宅周辺にいました。
学習は、昨日と同様、、「仏検 準1級・2級必須単語集」準1級の部分の例文のシャドウイングを2回行いました 40分
この教材は、シャドウイングに適しているとおもいます。


【16倍速勉強法】
昨日に続き、「16倍速勉強法」について触れておきます。
この学習法の要点は、次の式に集約されています。

勉強成果=「地頭」×「戦略」×「時間」×「効率」

確かに、「地頭」が良くなれば、勉強成果が上がることは良く分かります。
また、「時間」を多くかければ、勉強成果が上がることも理解できます。

しかるに、著者は「地頭」は努力によって良くすることができると言いつつ、同時に、それには時間がかかると指摘しています。

また、「時間」については、自分に当てはめて考えるなら、通勤学習派には、そう簡単に大きくできる要素ではありません(もちろん、休日の時間の使い方については、工夫の余地はありますが)。

そうなってくると、やはり、大事になってくるのは、「戦略」と「効率」。

「戦略」について、著者は、次のような「要素」に分解しています。
戦略=目標の立て方+情報+ブランニング+モチベーション術
著者は細かなことを書いていますが、私なりに、学習の方法を間違えないようすることだろうと考えています。
今の自分にあてはめるんら、①仏検準1級受験という目標を立てたら、②準1級合格に求められる能力の程度について情報収集・分析し、自分の能力とのギャップについて分析し、③そのギャップを受験までに埋めていく中長期的計画(使用すべきテキスト、テキストの使い方等)を立案し、④やる気を維持するための工夫をする、こういうことだろうと考えます。
まあ、皆さんも、常に考えておられることだろうとは思いますが。

「効率」については、言うまでもないこととは思います。
時間は貴重なものです。
同じように時間をかけるなら、やはり、その時間の効率性は高めたい。
私はブログの中でよく「時間を濃く使う」という表現を使いますが、これに通じる話と思います。
通勤学習派は、日々の仕事の中で疲れている時もあり、常に効率性を維持するのは難しくもあるのですが、時間は「濃く」使っていきたいものです。

限られている「時間」を大切にし、「戦略」と「効率」を高めることによって、学習の成果を大きなものにしていきたいと思います。


勝手に600時間フランス語ヒアリングマラソン
 記録(2011年5月3日22時20分現在)
 前回からの走行時間     1時間30分
 通算走行時間       361時間20分 
 ゴールまで         238時間40分




スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。