スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカパーで「L'HEURE ZERO」というミステリー番組を見ました、分かる部分もそれなりに

昨日(18日)は、計画停電の電車への影響によって通勤に難渋してしまいました。
郊外で都心から離れているため、本数が少なかったり、走っている時間が限られていたりなのです。
このため、ちょっと車内でフランス語に取り組む余裕がありませんでした。
東北地方で被災された方々や福島原発の近くで苦労されている方々と比べれば、何の問題でもないのですが。


今日(19日)は、土曜日で仕事がないので、通勤の足の確保について頭を悩ますこともありません。
計画停電も実施されませんでした。
テレビでは、常時震災関連のテロップが流れていますが、少しずつ通常番組も戻ってきています。

福島原発での消防隊と自衛隊の放水のことが気になりますが、報道が少ないこともあり、スカパーの放送で録音しておいたフランス語の番組を見ることにしました。
日本語では「0時の謎」となっていましたが、原題は「L'HEURE ZERO」
原作はアガサ・クリスティのミステリーです。
日本語の字幕を見ながら、喋っているフランス語に神経を集中しました。
落ち着いた展開で、登場人物もあまり早口でなかったので、聞きとれるセリフもそれなりにありました。

それにしても、「Qu'est-ce qui se passe ?」が多用されていました。

『へぇ―、そのように表現するのか』と思ったのは、事件現場に唯一容疑者がいたことを表現するときに、
「Il est seul et unique.」

このほかにも、oui か non かを尋ねられた時の答え方として「Je pense que oui.」なんて言い方があることも分かりました。

1時間半の番組でしたので、ヒアリング時間も1時間半としておきます。


勝手に600時間フランス語ヒアリングマラソン
 記録(2011年3月19日22時55分現在)
 前回からの走行時間    1時間30分
 通算走行時間       334時間50分 
 ゴールまで         265時間10分
スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。