スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レストランの待ち時間は「ラルースやさしい仏仏辞典」

【レストランの待ち時間はフランス語】

今日は日曜日、家族3人で外出しました。
電車での移動もあるので、USBメモリー型ウォークマンと「ラルースやさしい仏仏辞典」を持ってでました。

電車での移動を利用して、「La radio à lire」のヒアリングをしました。
今日1日で2回初めから終わりまでできたので、ヒアリング時間は1時間です。

お昼は、吉祥寺のレストラン。
街そのものにも人が溢れていて、当然レストランも既に待つ人でいっぱい。
かなり待ちそうな予感。
しかし、待ち時間が長いのは歓迎なのです。
なぜなら、「ラルースやさしい仏仏辞典」があるからです。

デパートでの買い物の待ち時間やレストランの待ち時間もおとなしく辞典を読んだりしているので、最近は、家族からは「急かされることがなくなった」と好評です。

電車の中で、ヒアリングを終えてからの時間は、やはり、「ラルースやさしい仏仏辞典」を読んでいました。
今日で367ページまで来ました。
進捗率は 367÷782=46.9%

【フランスのロシフォールって町を御存じでしたか】
今日、ある雑誌に目を通していると、フランスのロシフォールという町の記事がありました。
私は、この町のことを初めて知りました。
フランス南西部にある小さな入り江の町
45年前に「ロシフォールの恋人たち」という映画の舞台になったそうです。
主演は、カトリーヌ・ドヌーブフランソワ―ズ・ドルレアック、そしてアメリカからジーン・ケリーとジョージ・チャキリス。
スクリーンから目映いばかりの色と光を発しているそうです。
とても明るい、心躍る映画のようです。

入り江の風景の写真があり、なんとも旅情をかきたてる。
訪れてみたい町が、また一つ増えてしまいました。

ところで、記事のサブタイトルの中に「Un bon souvenir de Rochefort」というフランス語。
心の中で、得意になって、ふむふむ『素晴らしいロシフォールの思いで』と訳すのだなと納得。
しかるに、記事の別のところに目を転じると、「追憶のロシュフォール」の記載。
確かに、このように訳すと、一気にフランスの別世界が展開されます。


勝手に600時間フランス語ヒアリングマラソン
 記録(2011年2月6日22時35分現在)
 前回からの走行時間    1時間 
 通算走行時間      310時間 
 ゴールまで         290時間
スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。