スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆっくりとしたフランス語と速いフランス語、とても同じ言語には思えません

今朝も、電車の中では、まず「2010年アンコールまいにちフランス語」。
テキストを見ながら、talk master slim の録音を流して、leçon 33と34
この二つの課は「Exprimer un point de vue et se justifier 自分の意見を述べ、説明する」です。
「自分の意見を言うときは、まず相手の発言を認めて語気を和らげ、相手の気分を害さないようにする」
そのようにしてフランス語で喋るテクニックについての学習です。
個人主義の強そうなフランス、しょっちゅうストライキなんかもしているフランスというイメージが強く、自分の思っていることをストレートに言うのかなと思っていましたが、そうではないようです。
是非使いこなしたいものです。

「2010年アンコールまいにちフランス語」は、毎日すたすたと進めていますが、これはもちろん、一回学習したら終わりというわけではありません。
ともかく一通り学習して全体を確認し、その後、初めに戻って、何回も繰り返すつもりです。
テキストを全て覚えきるくらい繰り返したいと考えています。

下車後オフィスまでは「口が覚えるフランス語」のヒアリング(&頭の中でシャドウイング) 15分

帰りは、ホームでの電車の待ち時間から「La radio à lire」のヒアリング開始。
電車に乗っても続け、ひととおり終えることができました。
ヒアリング時間は30分
単語レベルでは聴こえているのですが、語の塊が、聞こえてきません。
今日も、濃霧の中の彷徨が続きました。
霧が薄くなる気配は全くありません。
ゆっくりとしたフランス語、例えば「フランス語スピーキング」の中の日本人役が喋っているフランス語と速いフランス語は、とても同じ言語には思えないときがあります。

ヒアリングを終えた後は、「ラルースやさしい仏仏辞典」の読解。
霧の中をさまよった後、この辞典を読むとホッとします。
救われたような気分で読むことができます。
今日で363ページまで来ました。
進捗率は 361÷782=46.4%


勝手に600時間フランス語ヒアリングマラソン
 記録(2011年2月4日22時15分現在)
 前回からの走行時間     45分
 通算走行時間      309時間 
 ゴールまで         291時間

スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。