スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏検2級再チャレンジ:忘年会シーズン、忘年会に惑わされることなくしっかりとフランス語

【昨日(13日)の学習】
朝の電車の中では「Sept leçons de vie 」を読みました。
このところ、読んでいませんでした。
やはり、分からない単語が多いのですが、ともかく、わかるところがあればいいと割りきって、仏和辞典無しで読みました。

下車後オフィスまでは「口が覚えるフランス語」のヒアリング 15分

12月といえば、忘年会シーズン。
というわけで、いきなりこの日は忘年会第一弾。
昔一緒に働いた仲間が集まりました。
会場へ向かう電車の中では「ラルースやさしい仏仏辞典」の読解。
忘年会直前までフランス語。

帰りの電車は爆睡。

【今日の学習】
朝の電車の中では「Sept leçons de vie 」を読みました。
小見出しからしばらくは理解できるような気がするのですが、その見出しの文の固まりの終わりに近づくにつれて理解不能になっていきます。
でも、分かる部分も確かにあるのです。
ともかく、辞書なしで一通り読んでしまいたいと思います。

下車後オフィスまでは「口が覚えるフランス語」のヒアリング 15分

帰りの電車の中では「ラルースやさしい仏仏辞典」の読解。
「Sept leçons de vie 」に比べると、随分と読みやすい気がします。
今日、読んだ中で、「immédiatement」のところの次の例文には驚きました。

Mon Diew! mais tu as de la fiévre! Je vais dire au docteur qu'il vienne immédiatement.

何に驚いたかというと、dire +que 接続法 の構文です。
「dire 」のあとにque が続くと接続法になる場合があるということです。
なんとなく「dire 」という動詞は普通の動詞という感じがあります。
しかるに、que節が接続法になる場合があるなんて驚きました。
「接続法が続く動詞は一体、どれだけあるのだ!」って感じです。
フランス語の道は果てしなく長く続いています。
仏仏辞典は、今日で324ページまできました。
進捗度は、324÷782=41.4%


勝手に600時間フランス語ヒアリングマラソン
 記録(2010年12月13日22時20分現在)
 前回からの走行時間     30分 
 通算走行時間       284時間20分 
 ゴールまで         315時間40分
スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

続けてますね

接続法、深いですね。この dire ... que + 接続法 は、「医者にすぐ来るように言ってみます」、つまり医者に「来て欲しい」という期待、願い(実際にこの時点では医者が来ていない)ゆえに、この接続法がとられるんでしょうね。ふむふむ。

こういう驚きがあるからフランス語の勉強って楽しいんですよね!

また読ませていただきます。

Re: 続けてますね

rheaさん
コメントありがとうございます。
その後も、「え~」と驚くような接続法が出てきました。
ほんとうに接続法の深みを前にして立ちすくむような思いです。
ちょっと今日は書く時間が無いので、近いうちにブログで紹介したいと思います。
プロフィール
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。