スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏検2級再チャレンジ:悪天候のおかげで「Sept leçons de vie 」の読解が進みました

【昨日(3日)の学習】
この日の関東地方の朝は、早朝の大雨と風のせいで、ちょうど通勤時間帯に交通が混乱。
ちょっと余裕を持ってでたものの、待ち時間、電車の乗っている時間、全てに普段よりも時間がかかりました。
そのような時も何もイライラしたりはしません。
なぜなら、常にカバンの中には、フランス語学習の道具が入っているからです。

やはり、この朝も「Sept leçons de vie 」を読むことにしました。
昨日の続きをちょっと読み始めたのですが、知らない単語が多く、さっぱりわからなくなってきました。
さすがに、これでは何にもならないと考え、目次に戻り、目次だけは辞書を引いて、確実に意味をとらえることにしました。
目次はキーワードで構成されていますから、目次で書物全体の構成をとらえておくと同時に、キーワードは本文の中にもちりばめられているので、本文の読解そのものにも役立つと考えたからです。

ちなみに、このときに使った辞書は「ラスースやさしい仏仏辞典」ではなく「スタンダード佛和小辞典」(大修館書店)です。
ここで「仏仏辞典」を使うと、さすがに速度がおちてしまうので。
ちょっと話は逸れますが、「仏仏辞典」を使いなれると、この「スタンダード佛和小辞典」は、まるで単語集のような感じがします。
将来的には、「仏仏辞典」を熟読し自分のものとできたら、「佛和小辞典」を熟読し、補強を図るなんて方法があるのかなと思ったりもします。

さて、この日の朝は電車にのっている時間が長くなったおかけで、通勤半ばで目次は全て理解しました。
その後、また初めから読み直しました。
まず、辞書は使わず一通り読んで、その後何回か読み直すこととし、その段階で辞書も使うことにします。

改めて読み始めると、意外にもよく分かるところもあり、やはりそのようなときは単純に嬉しくなります。


下車後オフィスまでは「口が覚えるフランス語」のヒアリング 15分

夜は、大学の教授に転職している、かつての同僚と飲み会。
会場への移動の電車の中では、再び「Sept leçons de vie 」の読解。
面白いもので、1ページくらい、ほぼ完全に読めるところもありました。
もちろん、逆に1ページ、何を書いているのか分からないというところもあります。
まあ、このような感じで読み進めてみようかと思います。
ただし、「ラルースやさしい仏仏辞典」の読解との時間配分の調整をしないといけません。

下車後会場まで歩く時間に「口が覚えるフランス語」のヒアリング 15分

友人は、初めて英語の本を出版したとかで、これを祝して乾杯。

もちろん、帰りの電車は、熟睡


勝手に600時間フランス語ヒアリングマラソン
 記録(2010年12月4日11時35分現在)
 前回からの走行時間     30分  
 通算走行時間       280時間55分 
 ゴールまで         319時間5分
スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。