スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏検2級再チャレンジ:フランス人が普段よんでいるような本を読みたい

【本日の学習】
朝の電車の中では「ラスースやさしい仏仏辞典」の読解。
最近は、朝の仏仏辞典がもう習慣になってしまっている感じです。
どうも、朝、これを読まないことには何か落ち着かない感じです。

下車後オフィスまでは「口が覚えるフランス語」のヒアリング 15分

帰りの電車の中でも「ラスースやさしい仏仏辞典」の読解。
今日で305ページまできました。
進捗率は、305÷782=39.0%


【新たなテキストを思案】
ちょっと前に書きましたが、新たなシャドウイング&ヒアリングのテキストを思案しているところです。
加えて、読解のテキストも何か手応えのあるものが欲しいところです。
「読む、聴く」は、フランス人が普通に聴いて、読んでいるものにチャレンジしていくことが大事なのかなという気もします。

「読む」については、フランス人が普段読んでいるものを読んでみたいという気がします。
具体的には、ちょっと難しいレベルで、あまり厚くない本。
自分の興味から言うなら、フランス、ヨーロッパ、世界の政治、経済、社会に関する薄い本。
なぜ薄い本がいいかというと、達成感を味わえる回数が多くなるから。
ともかく、このようなフランスの原書を探してよみたいと思います。

「ラスースやさしい仏仏辞典」を買ったのは東京・飯田橋にある欧明社ですが、電話で注文しただけで行ったことはありません。
同社HPをみると、いろんなフランスの本を売っているようです。
シャドウイング&ヒアリングのテキストもあるようです。

できれば近いうちに一度足を運んで、どのようなテキストや本があるか確かめてみたいと思います。


勝手に600時間フランス語ヒアリングマラソン
 記録(2010年11月30日23時5分現在)
 前回からの走行時間     15分  
 通算走行時間       279時間55分 
 ゴールまで         320時間5分
スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

欧明社

「なぜ薄い本がいいかというと、達成感を味わえる回数が多くなるから。」

同感です。それ故に私は200ページくらいの本を4分割してます(笑)

結局ラスースが絶版という事で欧明社に行く用事がなくなったのですが私も行ってみたいと思います。しかし閉店時間が早いんだな~。。。

欧明社&本

こんばんは。   
いつも楽しく読ませていただいてます。

欧明社の本店は小さな古本屋という感じですが、東京日仏学院の中にある
欧明社は、外観がパリにあるようなお店でディスプレーもかわいいです。
最近東京メトロのポスターに使われている事に気づきました。

先月、フランス人が、北野武(ビートたけし)にインタビューして書いた「Kitano par Kitano」を欧明社で見つけて読んでいます。

フランス語としては、私にとってまだ難しいですが、内容的には、何となく想像がつきます。むしろ日本人以外の読者に、日本の事を丁寧に説明していて、役に立ちますよ。

翻訳も白水社から出ていますが、その前にまず、仏語で読み通すことが、今の目標です。
プロフィール
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。