スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏検2級再チャレンジ:新たな接続法の構文に出会いました、フランス語は際限なく深い

【本日の学習】
今日は、仕事の都合があって、朝夕の電車の中で「ラルースやさしい仏仏辞典」を読む学習だけとなりました。
やっと302ページまできて、「g」を終えて「h」へ突入することとなりました。
300ページ超えです。
進捗率は、302÷782=38.6%
4割の目前にきました。

今日読んだ中で印象に残ったのは、「guerre」のところの、次の例文。

Dans ces pays, la situation est deplus en plus grave, et il se peut qu'il y ait une guerre.

印象に残ったのは、「il se peut que + 接続法」という構文。
「pouvoir」が助動詞ではなく、代名動詞として使われていることに、ある意味新鮮味を感じました。
そして、新たな接続法のパターン。
試験前に、接続法が学習の課題と何回か書きましたが、このような構文まであるのかと思うと、接続法も際限なく新しいものが出てくるのでないか、なんて気持ちになってしまいます。

フランス語の深さを改めて感じた次第です。


勝手に600時間フランス語ヒアリングマラソン
 記録(2010年11月29日23時40分現在)
 前回からの走行時間     0分  
 通算走行時間       279時間40分 
 ゴールまで         320時間20分
スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。