スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏検2級再チャレンジ:「ラスースやさしい仏仏辞典」をじっくりと味わいながら読みました

【昨日(24日)の学習】
朝の電車の中では「ラルースやさしい仏仏辞典」の読解。
下車後オフィスまでは「口が覚えるフランス語」のヒアリング 15分

この日は、勤め先の同期と飲み会。
仏検が終わってからと日程調整して、先延ばししていたものです。
会場に行くまでの移動の電車の中では「ラルースやさしい仏仏辞典」の読解。
ちょっとのんびりした気分で飲めました。

【今日の学習】
今朝の電車の中では「ラルースやさしい仏仏辞典」を読みました。
念のために付け加えておきますが、「niveau 1」です。
試験が終わったばかりなので、ゆっくり、しみじみと読んでいました。
この辞典を読んでいると、本当に「ああ、このような表現をするのか!これがフランス語の表現というものか!!」と感動することが多いのです。
例えば、今日読んだところでは「genre」のところの例文。

Paul? Partir sans dire au revoir?
Il n'aurairt pas jamais fait une chose pareille, ce n'est pas son genre.


読むには、さほど難解ではありませんが、これをゼロから自分で作文しろと言われたら、そう簡単に書けないのではないかと思います(少なくとも私には)。

これなど、ほんの一例です。
簡単そうに見えても、自分では発想できないという表現が多くあり、そして、それがフランス語というものかと思うと、本当に道は遠いと感じてしまいます。
しかも、この辞書はあくまでも「niveau 1」であって、この上には「niveau 2」「ラルース現代仏仏辞典」があるのですから(これら2冊は品切れ中のようですが)。
それにしても、この「nivea 1」の例文をすべて覚えて、宙で言えるようになったら凄いことになるのになんて思います。
まだ一通りも読み終えていないのですが、何度も繰り返して熟読したいと考えます。

下車後オフィスまでは「口が覚えるフランス語」のヒアリング 15分
ヒアリングはもう問題ないのですが、まだ「口が覚えた」状態にはなっていないので、このテキストの学習は続けるつもりです。

帰りの電車の中でも「ラルースやさしい仏仏辞典」の読解


masakiさん、コメントありがとうございました。
フランス映画の情報ありがとうございます。
前回、私はテレビ番組「女刑事ジュリー・レスコー」について書きましたが、確かに、刑事ものは早口でまくしたてるようなシーンが多々あり、なかなか味わい深い会話が交わされることは少ないです。
「生きたフランス語」に触れることが大切なので、映画も視野にいれていければと思います。
そいうえば、「口が覚えるフランス語」の中に、次のような表現がありましたね。

Pour apprendre le français, il faut que vous regardiez des films français.


勝手に600時間フランス語ヒアリングマラソン
 記録(2010年11月25日22時40分現在)
 前回からの走行時間     30分
 通算走行時間       279時間25分
 ゴールまで         320時間35分

スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ラルースやさしい仏仏辞典

ラルースやさしい仏仏辞典、今どこにも売ってないですね?すごく気になる存在です。

ラルースやさしい仏仏辞典

 ラルースやさしい仏仏辞典(Niveau 1)、わたしも持っています。
  ジュンク堂
  http://www.junkudo.co.jp/detail2.jsp?ID=0199449530
で売っているようです。
 Niveau 2の方は手に入らないようです。
プロフィール
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。