スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏検2級再チャレンジ:普通の速度に戻してのシャドウイング1時間、アゴが疲れました

今日は日曜日、フランス語学習の時間を確保しました。

【大問2と大問3の過去問】
「公式問題集」に載っている、一次試験の大問2と大問3の過去問を全て解きました。
記述式問題で、毎回、得点率が低いです。
私も、春の仏検では惨憺たる結果でした。

公式問題集の過去問は、春の受験準備のため一度は解いているのですが、もうすっかり忘れています。
改めて、問題に取り組みました。
結果は、いずれも、5問中3問以上は解くことができ、中には4問解けたのもありました。
前よりは、「知っている表現」、「知っている動詞」は増えたように感じられました。

大問3については、「知っている動詞」であるにもかかわらず、正解できなかった同じパターンがありました。
それは、接続法の活用形をうまく書けなかったことです。
「que」で始まる節であって接続法を使うかどうか判断しかねたものと、接続法を使うと分かっていながら活用形を正確に書けなかったものがありました。


確かに、自分自身でも、接続法については理解できていないと分かっています。
あと2週間、接続法について復習が必要です。
接続法を導く「動詞+que」のパターンの確認と主要動詞の接続法活用形の確認です。


【普通の速さでシャドウイング】
昨日書きましたように、今日から、普通の速さでシャドウイングに取り組むこととしました。
今日は「アンコールフランス語講座 2009年度パートⅡ」応用編朗読部分のシャドウイング。
これまでは、talk master slim に録音してあるものを、0.5倍速で再生してシャドウイングしていました。
しかし、今日から、この教材については普通の速度で再生することとします。

結果としては、思ったよりも速さについていけました。
もごもご言うことはほとんどありませんでした。
これは、これまで0.5倍速で何回もシャドウイングしてきたからだろうとは思います。
ただ、発音は相当いい加減になってしまったことは自分でもよく分かりました。
最低限、「f」「v」「l」「r」の発音だけは意識していましたが。
このような感じで1時間、シャドウイングを行いました。

早口でシャドウイングしている姿は滑稽だったのではないかと思います。
日ごろ絶対に行うことはないような早口です。
すごくアゴが疲れてしまいました。
のどもかすれたような感じです。


勝手に600時間フランス語ヒアリングマラソン
 記録(2010年11月7日23時5分現在)
 前回からの走行時間     1時間 
 通算走行時間       257時間15分
 ゴールまで         342時間45分


スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。