スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏検2級再チャレンジ:作文練習問題も始めました

【昨日(24日)の学習(追加)】
昨夜、ディクテーションを少ししました。
これまで、ディクテーションのテキストとしては「口が覚えるフランス語」を使っていました。
しかし、この日から方針を変更して、「≪仏検≫準1級、2級必須単語集」の2級部分の朗読のところを使うことにしました。
理由は、こちらの方が、仏検2級一次試験の書き取り問題に、近いと考えたからです。
それは、文章の長さがちょうど同じくらいで、また、このテキストの遅い方の朗読が、仏検2級書き取りの朗読に近いように感じられるからです。
このテキストについては、既に文章をみながらのシャドウイングを行ってきています。
試験の本番では、知らない文章が朗読されるのですから、本番とはずいぶん違った書き取りになります。
ですが、しっかりと書けるようにして、このテキストを仕上げたいと考えます。

この日のディクテーションは、  20分
やはり、単語のスペルミスがありました。
また「l'un」が書きととれなかったりしました。本番でも要注意です。

「口が覚えるフランス語」は、やはり徹底的にシャドウイングをして、文字通り、口が覚えるようにしたいと思います。

【本日の学習】

朝の電車の中では、仏検公式問題集の読解問題。
下車後オフィスまでは、「口が覚えるフランス語」のヒアリング  15分
昼休みには、20分ほど、「ラルースやさしい仏仏辞典」を書いて確認しました。
帰りの電車の中では、「ラルースやさしい仏仏辞典」の読解。

帰宅後、初めて「アンコールフランス語講座 2009年度パートⅡ」応用編にある作文練習問題に取り組みました。
家族がテレビを見ている横で、邪魔にならないように学習するには、これだろうと考えました。
同テキストの朗読部分に出てくる表現を使った問題で、苦手の「書く」学習になりますし、さらには、これまでのシャドウイング学習の完成度を高めることにもつながります。
1時間ほどできました。
シャドウイングのおかげでしっかりと文章が頭に入っているものもあるのですが、逆に、ほとんど頭に入っていなかったという表現もあります。

そして、ブログ更新の前に、
「アンコールフランス語講座 2009年度パートⅡ」応用編のシャドウイング 15分
「≪仏検≫準1級、2級必須単語集」の2級部分のディクテーションを20分


勝手に600時間フランス語ヒアリングマラソン
 記録(2010年10月25日23時55分現在)
 前回からの走行時間     1時間10分   
 通算走行時間       245時間
 ゴールまで         355時間
スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。