スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス人にとっても英語の習得は大変なようです

今日からまた規則正しい通勤です。
電車の中では、もちろん「ラルースやさしい仏仏辞典NIVEAU 1」
早く一通り読まなければならないのですが、未知の単語も多く、また構文を考える必要もあり、時間がかかっています。
そのうえ、「へぇ~、このような表現があるのかと」と感心でして、頭の中で何回も繰り返して読んだりなので、ますます時間がかかります。

今日も、いくつもそのような表現に出くわしたのですが、その中の一つを紹介しておきます。
「comprendre」のところでの例文です。

Ce chien a l'air de comprendre quand on lui parle.

どうです、かわいい犬がこちらの瞳をしっかりと覗き込んでいるよう、そのような気分になりませんか?

そのように考えていると、次の例文は、

Vou comprenez l'anglais ?
Oui, à peu près; mais je le parle mal.


フランス人にとっても、外国語の習得は大変なようです。


なお、朝、下車後オフィスまでは「口が覚えるフランス語」のヒアリング 15分

家に帰ってから、「口が覚えるフランス語」のシャドウイング 30分



勝手に600時間フランス語ヒアリングマラソン
 記録(2010年8月30日22時55分現在)
 前回からの走行時間      45分     
 通算走行時間       201時間20分
 ゴールまで         398時間40分
スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。