スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アンコールまいにちフランス語2010年度7月~9月」を買いました

【本日の学習】
朝の電車の中では「≪仏検≫準1級、2級必須単語集」の準1級の部分の例文の読解を行いました。
2級との差は極めて大きく、本当に難しいです。
準1級と2級では、このように大きな差があるのかと思い知らされます。
そして、このテキストでは、「数を表す接頭辞」「形容詞を作る接頭辞」などの解説もあり、なんというか、ともかく「なるほど、なるほど」という感じで読んでいます。

ちょっと外出する用務があったので、帰りの電車の時間が長くなりました。
最初は「≪仏検≫準1級、2級必須単語集」の準1級の部分の例文の読解を行いました。
その後、「≪仏検≫準1級、2級必須単語集」のヒアリングを行いました。
まず、2級部分についてテキストを見ないでヒアリングを行い、そのあと、テキストを見ながら準1級部分を聴いてみましたが、準1級はテキストをみながらでも音声についていくことができませんでした。
やはり、差は大きいと、音声の面からも実感しました。
ヒアリング時間は 50分

【「アンコールまいにちフランス語2010年度7月~9月」を買いました】
帰りに書店によって、「アンコールまいにちフランス語2010年度7月~9月」を買いました。
他の言語の「アンコール」講座に比べると、テキストが薄いような気がしましたが、薄いのは歓迎です。
なんども繰り返すには、薄いテキストの方がよいからです。

やはり、前段の入門編にはカタカナで読み仮名がふってあります。
なぜ、このようなことをするのでしょうか?
強い義憤を感じざるをえません。
「アンコールフランス語講座 2009年度」は入門編であっても、読み仮名はふっていませんでした。
ですから、発音が分からないときは、何度も録音を聴いて、ともかく音を真似るようにしました。

ともかく、このテキストでは、後段の中級編の「ディアローグ三銃士~もっと伝わる会話術~」を学習することにします。
こちらは、読み仮名はふってありません。



勝手に600時間フランス語ヒアリングマラソン
 記録(2010年6月30日23時40分現在)
 前回からの走行時間     50分  
 通算走行時間       170時間15分
 ゴールまで        429時間45分
 
スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。