スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語を知っているフランス人なら理解できるフランス語って?

【フランス語教室ラ・ブレ・フランスでのレッスン(15日)】
15日(木)の夜、仕事が終わってから、ラ・ブレ・フランスでシャルル先生の個人レッスンを受けました。
前にも書きましたが、本来は1カ月に1回レッスンを受けて、、自分の学習の進度を確認することとしていたのですが、結局は3カ月ぶりのレッスンとなりました。

今回は、こちらの希望で過去形を念頭においた会話をしました。
内容は、「私がフランス語を学習することとなった理由」です。
こちらからいろいろと話して、間違いについて指導を受けたり、あるいは、内容について会話をしたりという形式でした。

レッスンの前に電車の中などで、言おうとすることをあれこれ考えていたこともあって、こちらが言いたいことは、ちょっとは言えたのかなという感じでした。
もちろん、文法的、あるいは、語彙の選択、発音等について沢山の指摘を受けたことは言うまでもありません。

喋ってみて感じたことですが、自分の過去の行動について話すことは、意外に難しくないと思いました。
それは、複合過去なら、「Je suis」か「J'ai」で始めて、過去分詞をつければいいだけです(もちろん、過去分詞を覚えるのは大変なのですが)。
そして、半過去なら「j'étais」か「Je ~ais」 のいずれかのパターンなのです。
そして、複合過去と半過去の使い分けについて、もちろん、間違いの指摘を受けたこともありましたが、それほど多くの指摘を受けませんでした。

私が喋っている最中に、先生が苦渋の表情をするときがあったことは言うまでもありません。
先生の質問が分からないでいると、先生が日本語で質問してくることもありましたが、答は必ずフランス語でするようにしました。

そのような感じでなんとか会話らしいものができたかなと思い、レッスン終了後に、先生に「私のフランス語はフランス人に通じますか」という極めて根本的、かつ、大胆な質問をしました。
先生は真面目な顔で、極めて真面目に答えてくださいました。
「日本語を知っているフランス人なら理解できますが、日本語を知らないフランス人だと、ちょっと理解に時間がかかりますね」

日本語を知っているフランス人なら理解できるフランス語

はたして、人はそれをフランス語と呼ぶのだろうか?
ジャパニーズ・イングリシュならね、フランセ・ジャポネとでもいうのだろうか。
私の現在のフランス語のレベルを端的に表現していただいた先生に感謝。
決して絶望感に陥っているわけではありません・・・・・

そして、先生の貴重なアドバイス。
ゆっくりでいいので、もう少しはっきりと発音すること。


ちなみに、私がスカパーでみるフランスのテレビ番組「女刑事ジュリー・レスコー」では登場人物が極めて早口で喋っている旨話すと、先生は、
「だいたい刑事物は早口です。私も、日本のテレビの刑事物の会話はほとんど分かりません」
シャルル先生、仰ることが面白い。

レッスン後、表参道駅まで先生と一緒に帰りました。
最後に「文法は気にせずに、もっとフランス人と多く喋る機会をもつといいです」とのアドバイスをいただきました。



昨日(16日)のヒアリング 65分 
  朝の電車の中  30分
 下車オフィスまで 15分
  帰りの電車 20分

本日(17日)のヒアリング 0分 



勝手に600時間フランス語ヒアリングマラソン
 記録(2010年4月17日23時50分現在)
 前回からの走行時間    1時間5分
 通算走行時間       89時間15分
 ゴールまで        510時間45分
スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。