スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電車内の葛藤:フランス語を聴くか、本を読むか、それが問題だ!

【電車内では、フランス語を聴くか、本を読むか、悩みます】
私にとってのフランス語学習時間は、現在のところ、そのほとんどが電車の中です。
中でも、特に朝夕の通勤時間。

フランス語の独学を始めるまで、電車の中は読書タイムで、様々な分野の本をかなり読んでいました。
しかし、フランス語を始めてからは、フランス語が非常に面白く、フランス語学習の割合が高くなっています。
電車の中では、結果的には、フランス語と読書の時間の割合は2:1ぐらいになっています。
読みたい本も沢山あって、本を読む時間が少なくなっていることに葛藤を感じることもあります。
電車の乗り換えの際の待ち時間に読むこともあります。

読みたい本は、それなりに買っているので、読んでいない本のストックが増えつつあります。
もしかしたら本を読める時間もあるかも、と思って、読みたい本を2冊持って出ることが多いです。
さらに、今は「フランス語スピーキング」「アンコールフランス語講座 2009年度パートⅡ」「スタンダード佛和小辞典」もカバンに入れているので、かなりの重量感があります。
これに仕事の書類が入ったりしたら、もう大変。

そんな状況で現在カバンの中に入っている本は、「日本辺境論」「怖い絵2」
どちらも話題になった本なので、御存じの方も多いかと思います。

【フランス人の非識字率は10%以上】

今朝は、「日本辺境論」を読み始めると面白かったので、かなり時間をとってしまいました。

この本の中で、日本語の特殊性を論じるくだりで、「難読症」の話がありました。
「知的能力には異常はないが、書かれた文字を読むいことができない、読めても意味が分からない」というもの。
文字が綴り通りに発音されない英語やフランス語では難読症を発症し易いそうです。
「そうだろう、確かにフランス語は発音が難しい」と、変に納得してしまいました。

ちなみに、フランス人の非識字率は10%を超えているそうです。


本日のヒアリングは、合わせて45分。
  朝の電車 10分
  下車後オフィスまで 15分
  帰りの電車 30分



勝手に600時間フランス語ヒアリングマラソン
 記録(2010年2月17日22時20分現在)
 前回からの走行時間      45分
 通算走行時間      22時間10分 
 ゴールまで       577時間50分














スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。