スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリンピック開会式のフランス語、わかりましたか?

【オリンピックの開会式】
先週末の13日は、オリンピックの開会式でした。
テレビをつけたところ、ライブでIOC会長のジャック・ロゲ氏が開会を宣言するところでした。
ジャック・ロゲって、いかにもフランス語っぽい名前ですね。
(ジャック・ロゲ氏はベルギー人)

これはフランス語ヒアリングマラソンの走行時間にオンできるかと思って気合いをいれました。
しかし、最初は英語でした。
ロゲ氏の英語は、ネイティブでないので、それなりに分かるものではありました。

英語の演説が終わったようで、一呼吸入れたので、さあフランス語!と思っていたところ、耳に入ったのは、
「Aujourd'hui」
聴けた!と思ったのもつかの間、それに続く2、3の単語が聞き取れないまま、アナウンサーが逐語的に日本語訳を読み上げ始めました。
日本語もかぶさってしまったので、全く聞き取れませんでした。

また、バンクーバーのあるカナダの公用語は、英語とフランス語です。
カナダ関係者の演説の中にもフランス語のものがありました。こちらも聞き取れませんでしたが。

でも、こういう状況でフランス語が聞けるようになると素晴らしいことだろうとの思いを強くしました。
フランス語学習への意欲がさらに高まったような思いです。

【本日(15日)の学習】

今日は朝早く出て、コーヒーショップで学習することにしました。
電車の中で昨日の続きのヒアリングを行って、聞き取れないところを、コーヒーショップで確認することにしました。

電車の中で20分のヒアリング。
「フランス語スピーキング」の昨日の続きを聴きました。
流して聴くのではなく、分からないところがあれば、戻して確認するという方法でした。
やはり、何度聴いていも分からない部分は分からないままでした。

下車後、駅前のTully's coffee で本日のコーヒー290円。
電車の中で確認した分からない部分を何度か聴き直したうえで、テキストを開いて確認。
これが30分ほど。
その後、30分ほど、「アンコールフランス語講座 2009年度パートⅡ」応用編の読解の続きをしました。

コーヒーショップからオフィスまで15分のヒアリング。
「フランス語スピーキング」の続きのところを、分からないところは戻して確認という方法です。
USBウォークマンをコートのポケットに入れて、ポケットの中で操作しながら歩きました。

帰りの電車の中で30分のヒアリング。
途中から座れたので、テキストを開いて、わからない部分の確認をしながら聴きました。

これで、「フランス語スピーキング」の「Chapitre 1 空港で」と「Chapitre 2 ホテル」は聞き取れない部分の確認をとりあえず一度は行ったことになります。

本日のヒアリングは95分。


勝手に600時間フランス語ヒアリングマラソン
 記録(2010年2月15日23時00分現在)
 前回からの走行時間  1時間35分(95分)
 通算走行時間      19時間20分 
 ゴールまで       580時間40分






スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。