スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「口が覚えるフランス語」の活用方法、決定!

【20日のフランス語】

朝の電車の待ち時間と乗ってからの30分は、「フランス語名詞化辞典」
その後、「現地収録!フランス語でめぐるPARIS」のヒアリング、30分
依然として聞きとれません。
たまに、意味のとれる言葉の塊がある感じです。
テキストで整然と読み上げられているフランス語とは随分違います。
本物の音を認識するということで。

夜、家にかえってからは、まず、マイ語学「まいにちフランス語(初級編)」を1日分、15分。
先週の放送が、この日から聞けます。
基礎の復習です。

そのあと、「口が覚えるフランス語」。
この教材は60課あります(テキストでは「課」という言葉は使っていませんが)。
なお、1課には10の文があり、テキスト全体では600の文が載っています。
テキストの使い方がはっきりとしていませんでしたが、ようやく方針を決めました。
方針としては、1日に1課進めます。
進め方は、テキストは見ないで、聞いて発声するという方法を何回か繰り返し、最後に日本語だけのページを見てフランス語を発声するという方法。
最後までフランス語は見ません。
60課あるので、およそ2か月でテキストを一通り終えることができます。
何回か繰り返していく中で、単語を置き換えて、文を拡張していくことができるのではないかと考えています。

さて、この方針で、1課進めました。
この「口が覚えるフランス語」は、既にこれまでに、電車の中でヒアリングをしてきた経緯もあり、意外にスムーズに進めることができました。
30分ほどで1課進めることができました。

【21日のフランス語】

前日と同じような感じでフランス語を進めました。
朝の電車では、30分、「フランス語名詞化辞典」
その後、、「現地収録!フランス語でめぐるPARIS」のヒアリング、20分

帰りの電車では、、「現地収録!フランス語でめぐるPARIS」のヒアリング、20分

帰宅してからは、まず、、マイ語学「まいにちフランス語(初級編)」を1日分、15分。
そのあと、先に書いたような方法で、「口が覚えるフランス語」を1課。

勝手に1200時間フランス語ヒアリングマラソン
 記録(2014年10月19日23時50分現在)
 前回からの走行時間     1時間10分
 通算走行時間       861時間10分
 ゴールまで         338時間50分
se
スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

Licklickさん、おはようございます。

お仕事がお忙しい中、通勤時間を勉強して、フランス語の勉強に励むLicklickさんの姿にならって、わたしも頑張らなければと思いつつ、今は家事をしながら聞くのは、サンティアーゴ巡礼前にかじったスペイン語のCDで、フランス語は寝る前に本を読むばかりです。

現地で実際に話されるフランス語として、どういうフランス語が録音されているのかは分かりませんが、口語ではかなりくだけた言葉を話す人が多いというのはわたしも聞いたし、フランスにお住まいの方のブログでも知りました。日本でも、そして世界各国で、ニュースで話される言葉と日常会話で使われる言葉には、語彙や文法の正確さへの意識などの違いもあるので、教材にするくらいだから、あまりあやしいフランス語は録音されていないだろうと思う一方、外国人として外国語を学びたいわたしたちは、そういうフランス語を聞いて理解する力はほしいところだけれど、話すときには、くだけすぎないていねいな言葉を話したいものだなと感じています。「ですます調」でしっかり日本語を学んだイタリア人学生が、日本への留学から帰って来て、試験中にため口で話してしまうという場合も時々あって、イタリア語でも、実際に長く暮らさないと、「どういう場合に、こういう語彙や話し方を利用していいのか」は、かなり力がつき、いろんなイタリア語に触れないとなかなか分からないという状況もあります。すみません。どんな教材か知りもしないのですが、そんなふうに感じてしまいました。実際、この数か月手に取ってもいないDELF B1の問題集で、リスニングの問題に、ne--pasという否定表現のneが明らかに欠けているので、ひょっとしたら、ある程度の乱れは、日本語のら抜き表現と同様、すでにフランス社会に浸透しているのかもしれないのですが…… 何はともあれ、わたしも頑張ります!

なおこさんへ

貴重な御助言、ありがとうございます。
実は、この「現地収録!フランス語でめぐるPARIS」とどのように付き合っていくか、ちょっと考えて(悩んで)いたところです。
私は、教科書的なフランス語(しかもゆっくりと読み上げられている)を、いまだにしっかりと聞き取れない段階にいます。
ですから、フランス人が普通に喋っているフランス語を聴こうというのは、無理があります。
訳の分からないことを聞いていると集中しきれないのも事実で、時間の効果的活用という観点からも問題なしとは言えません。
しかも、なおこさんが御指摘になっているような問題もあるかもしれません。
やはり、まずは、テキストや問題集のフランス語を、できればニュースのフランス語も、しっかりと聞けるようになり、あるいは喋ることができるようになることが先決ですね。
ちょっとヒアリングの方法を変えようと思います。

プロフィール
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。