スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏検準2級受験:独学主義ですが、一度スクールに行こうかと考えています

【昨夜の学習】
Talk Master Slimに録音してある「アンコールフランス語講座 2009年度パートⅠ」入門編の「今週のスキット」を流しながら、シャドウイングの要領でテキストを音読しました。
相変わらず、やはり舌がもつれて、フランス語にはなりませんでした。
文章は、一次試験前に十分に音読をした「アンコールフランス語講座 2009年度パートⅡ」入門編よりも簡単なはずなのですが、どうも音読しにくいです。
やはり、3週間の「音読ブランク」は大きいということでしょうか。

【本日の学習】
往復の電車の中で、「アンコールフランス語講座 2009年度パートⅠ」応用編leçon 5の読解をしました。
未知の単語が多いのですが、最初は辞書を引かずに、意味をつかむことにしています。
この週は、やたらジェロンディフが多いのです。
そのように編集してあるのだろうとは思いますが、実際のフランス語の会話の中で、どの程度ジェロンディフが使われているのか、興味があるところです。

【一度フランス語のスクールに行こうかと思います】
一次試験の結果も出ていないので、気が早いといわれてしまいそうですが、もし一次試験に合格できれば、一度フランス語の会話スクールに行きたいと考えています。

独学で頑張るつもりであることには変わりありません。
また、サラリーマンなので、できるだけお金をかけずに仏語を習得したいという考えは捨てていません。

しかしながら、これまで本当に独学なので、私のフランス語の音読がそもそもフランス語の発音になっているのか、フランス人がフランス語と受け取ってくれるのか、これまで誰のチェックも受けたことがありません。
ましてや、簡単な日常的な挨拶のやりとりも、フランス人と交わしたことがありません。

二次試験は面接試験なので、一度、フランス人に私のフランス語をチェックしてもらう必要があると考えています。
一次試験の当日、試験会場の前でいくつかのフランス語スクール(教室)のパンフレットが配られていました。
もらったものを残してあります。
発音のチェックと定型的な日常会話の練習に絞って、試験前に3回ぐらい授業を受けてみたいです。
そうなると、プライベートレッスンになるので、割高になってしまいます。

もらったパンフレットを見比べています。
ともかく、日本人教師ではなく、確実にフランス人教師と話ができて、しかも、安いというようなスクールを探しています。
スポンサーサイト

テーマ : 司法試験・資格試験・語学試験
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。