スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学習方法の問題点(「7カ国語をモノにした人の勉強法」を読んで)【2】

引き続き、「7か国語をモノにした人の勉強法」を読んで、自分の学習方法について考えさせられる点について書きます。
紹介したい事は沢山あるので、特に、気になった点ということです。


「日本人が疎かにする音声学習」という記述があります。
ここでは、日本人の学習の中で大きく足りていないものが「音声」であるとして、「音声を横において、語学学習は前に進まないでしょう。なぜなら言葉というのは、音声の体系だから」であるとしています。

これに、次のような記述が続いています。

「音声が体得できれば、単語の記憶も飛躍的に容易なものとなりますし、ずっと忘れにくくなります」

「日本人の学習者のほとんどは音声を重視していません。言葉を音声から覚えようとしないのです。音声の感覚をつかむことが、その外国語の語感をつかむために、まず重要なことであるにもかかわらずです」

「重要なのは、外国語の文字列とその日本語訳を暗記することではなく、じかに音声と概念を結びつけることです。単語の意味とは、ある音声が表す概念のことであって、日本語訳ではありません。単語や表現を覚える際、同時に音声と概念とを結び付ければ、あっという間にそのことばは「『使える言葉』になります」

「概念を覚えることとは、音声で表される世界のとらえ方を覚えるということです。つまり、音声と概念とを結びつけることとは、音声と世界をつなげることでもあるのです」


何だか、響いてきますね。
大きな反省点です。

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村



フランス語 ブログランキングへ




勝手に1200時間フランス語ヒアリングマラソン
 記録(2013年9月24日23時50分現在)
 前回からの走行時間     0分
 通算走行時間       825時間40分
 ゴールまで         374時間20分
スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Licklickさん、こんにちは。最近怠けがちのフランス語学習に気合を入れなければと、そのためにも、こちらのブログを訪問しました。

音声や聞くことが大事なのを私が痛感したのは、「英語をあれだけ勉強したのに聞き取れず話せない」ということで、考えた結果、「音声として聞きたりないので、どういうリズムに載せて、どんなふうなイントネーションで話せばいいかという目安が自分の中にないので、単語や文法を知っていても話せない」、「書き言葉に重点が置かれた学校英語教育だったので、音声では認識できない」という結論に至りました。それで、大学でドイツ語を勉強するにあたっては、NHK講座やドイツ語の歌など、とにかくドイツ語を音声からもきちんと勉強することにしました。やっぱり書き言葉と話し言葉、文字と音声は車の両輪のようなものなので、一緒に学ぶことが大事ですよね。それで、功を奏したので、社会人になってからの英語の再勉強でも、ヒアリングマラソンを利用したのです。

外国語教育関係の授業を、こちらで受けたときも、言語では音声面の方が大切だということは、たとえば、「世界には、自然言語としては、書き言葉のない言語は存在しても、話し言葉のない言語は存在しない。」こと、「生まれた子供が最初に身につけるのは話し言葉であること」という理由と共に学びました。

外国人のわたしたちにとっては、目で確認できる、書き言葉も大切なのですが、日本の外国語学習・教育は、こちらに偏りすぎ、そうして、逆に、会話というと会話に偏りすぎで、参考書などにしても、文法か会話か両極化しているのが問題ではないかと常々感じています。

書き言葉も音声も大事ということで、最近は、フランス語で読書をし、音声CDを聞きながすばかりになっていまっていて、でもこれも受身ばかりではなく、自分で日記やツイートを書いてみるとか、問題集を解いてみるとか、能動的に関わるのでないと、伸びがとまってしまうとつくづく反省しています。お互いに頑張りましょう!

なおこさんへ

なおこ さん

コメントいただいておりましたのに、返信が遅れてしまい、たいへん失礼しました。
最近は、また電車の中では仕事の関係の書類や本を読んでいたりで、フランス語の方は進んでいませんでした。
仕事の関係で、生活の中で英語の比重が格段に高まっています。
扱う書類は英語の方が多く、英語でのメールもスピードが求められています。
そのような中でフランス語については、時々フランス語の書類やメールにも眼を通しているという感じです。
英語のやり直しの必要性を痛感しながら、時間ばかり流れていくという感じでした。
そして、12月の上旬にジュネーブトリノへ出張することになりました。
その期間、英語での会議や打ち合わせが続きます。
気合を入れて英語を少しでも上達させないといけません。
ジュネーブはフランス語圏ですから、フランス語も少しは喋ることができるようにしておきたいです。
そして、トリノですから、イタリア語。
簡単な「旅行のイタリア語」のようなものに眼をとおしておきたいとは思うのですが。
プロフィール
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。