スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胚の研究についてのフランス語

昨日のこともまとめて書きます。

【昨日(22日)のフランス語】

朝の電車の中では、Le Monde 社説の読解。
先日まで読んでいた「Aller plus vite vers l'union bancaire」は、まだ完全には理解できていない文を一つだけ残しています。
それについては、これからも時々考えることにして、一応ピリオド。
この日からは、新しい社説「L'embryon, le chercheur et la sagesse」
人間の胚についての研究、言い換えれば生命科学にかに関する話題。
3月28日にアップされたもので、ちょっと古くなっています。
でも、この分野についてフランス語でどのように語られているか、とても興味があります。

電車の中でざっと読んだ感じでは、先に読んだ「Aller plus vite vers l'union bancaire」よりは易しそうに思えました。

その後、ヒアリング。
新しいものはないので、これまでに録音したNHK world の commentaire を聞いていました。
ヒアリング時間は30分


帰りの電車の中では、ヒアリング。
朝と同様に、commentaire のヒアリングを30分



【本日(23日)のフランス語】

今朝も、電車の中では、Le Monde 社説「L'embryon, le chercheur et la sagesse」の読解。
生命科学に関する話題ですが、科学的な内容ではありません。
これまでは原則禁止とされていた胚に関する研究の自由度を高める法案について、宗教界などから反対の声が上がっている、というような話題です。

前日よりは、精度を高めて読み込みました。
新出単語だらけということもなく、読みやすいのですが、やはりLe Monde の社説です。
構文の難解なところもあり、一気に読み終えるなんてわけにはいきません。


その後、ヒアリング。
やはり、これまでに録音したNHK world の commentaire を聞いていました。
ヒアリング時間は30分


帰りの電車の中では、ヒアリングを30分
最近のcommentaire を聞きました。


家に帰ってから、今夜は、読解を行っています。
読み込みの足りないcommentaire を「Le Petit Robert micro 」を使って読みます。



にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村



フランス語 ブログランキングへ




勝手に1200時間フランス語ヒアリングマラソン
 記録(2013年4月23日22時30分現在)
 前回からの走行時間      2時間
 通算走行時間       801時間10分
 ゴールまで         398時間50分
スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。