スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突然の単純過去にびっくり

出勤前にNHK world の commentaire をチェック。
今朝の話題は、ミャンマーのアウサン・スー・チー女史の来日。
政治的な話だと考え、学習の対象としてはパスすることに。


朝の電車の中では、最近作成してあって読み込みの足りないcommentaireの読解。

乗り換えてから、ヒアリング。
やはり、最近録音したcommentaire を中心に聞きました。
ヒアリング時間は30分



昼休には、Le Monde 社説の読解。
かなり前に読み始めていた記事「Aller plus vite vers l'union bancaire」を読みました。
3月25日の記事です。
キプロス危機が発生したころの記事です。
やはり、Le Monde 社説は、けっこう読むのが難しく、読解の歩みは極めて遅いです。
読むのが難しい大きな理由は、時々構文が難解であることに加え、知らない単語がたくさん出てくることです。
時間をかけて、「Le Petit Robert micro 」を手元においてでないと、読み進められません。
まぁ、語彙を増やす学習と割り切ればよいのです。



帰りの電車の中では、仕事の関係の書類を読んでいたので、フランス語はできませんでした。



家に帰ってから、昼間読んだLe Monde 社説が気になっていたので、もう少し読み進めることにしました。
あとわずかというところまで来ているので、何とか早く終わらせてしまいたいという気持ちがあります。
また、Le Monde のホームページをみると、次々と新しい社説がアップされています。
さまざまな分野の話題が掲載されており、興味がわいてくるものもいくつかあります。
早く、次の社説に移りたいという気持ちもあります。
ということで1時間以上読みました。

昼間から、次の文章のところで足踏みしていました。

Ils obtiennent, en retour, l'assainissement impitoyable d'un secteur bancaire hypertrophié, au coeur d'une économie en faillite : paradis fiscal peu regardant sur la provenance de fonds – notamment russes –, qui furent ensuite massivement, et malencontreusement, investis en dette grecque !

私にとっての新出単語が多く、辞書を何度も引く必要があるので時間がかかります。
そして、赤字の「furent」で時間をくってしまいました。
この動詞の正体がつかめないのです。
しばらく、あれこれ辞書をめくってみましたが、やはり、分からず。
とうとう、辞書の巻末の活用表をじっくりと読むことにしました。
すると、 étre の単純過去の3人称複数であることが分かりました。
このように、時として現実の世界に単純過去も出てくるということを思い知りました。
そして、étreの活用もマスターできていないのでは、まだまだと自分のフランス語の程度も思い知らされました。

何とか終わりたいと思っていましたが、やはり、終わることはできませんでした。




にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村



フランス語 ブログランキングへ




勝手に1200時間フランス語ヒアリングマラソン
 記録(2013年4月16日23時40分現在)
 前回からの走行時間     30分
 通算走行時間       798時間10分
 ゴールまで         401時間50分
スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。