スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学習方法のレビュー、精読は「少数精鋭主義」で

フランス語学習の方法について、見直しています。

【現在の学習パターンを振り返って】

最近の学習のパターンは次のようになっています。

① RFI「journal en français facile」
   ヒアリング

② RFI「Le fait du jour」
   ヒアリング、問題解答

③ NHK World のcommentaire
    読解、ヒアリング、シャドウイング



①と②については、聞きっ放し、解きっ放しになっています
もっと深めれば良いのですが、時間が限られている中で、一つ一つについて深めようとすると時間がかかってしまい、多くのフランス語に接することができません。
ですから、①と②については、今の学習方法を続けていこうと思います


③の読解については、内容の理解にとどまらず、前置詞名詞化についても気をつけて読んでいます。
そして、フランス語で表現する場合に使えそうな表現については、ブログ記事カテゴリー「使ってみたい表現」に残しています。
これからは、読解にあたっては、時事的な表現や語句なども、さらに気をつけていきたいと思います。

③の学習の全体の流れについては、現在ところは、〈読解→シャドウイング〉を繰り返しています。
シャドウイング(音読)を通じて、理解を深め、フランス語的な表現に慣れようとしています。
今後は、さらに、書き取りも行い、暗誦できるぐらいまでに読み込んでいきたいと思っています


【足りない学習】

1.「書く」学習

まず、足りない学習が、「書く」学習であることは明らかです

家にある、仏作文のテキストは、次の2冊。
①「コミュニケーションの仏作文(基礎編)」
②「コミュニケーションの仏作文(中級編)」


①については、これまでにも学習していますが、いまだ、達成感の無いままです。
昨年秋の仏検準1級一次試験の前には、このテキストを完全に覚えることを目標にしたことがありますが、その目標は全く達成できていません。
振り返れば、「書く」学習は、常に課題として捉えて、その必要性を書いてきましたが、それにも拘わらず、学習にほとんど取り組んでいません。
もういい加減、計画を立てるだけではなく、覚悟を決めて、しっかりと取り組む時にきています。

「書く」学習は電車の中では無理なので、家で時間を作らないといけません。
1日一つの問題でもいいから「書く」ことにしたいと思います。


2.精読

足りない学習としては、難しい読み物の読解があります。

これについては、昨年秋の仏検の後で、精読の学習としてle Monde の社説(論説)を読むという方針を立てました。
しかしながら、全く実行できていません。
これは、実は、le Monde のサイトにおいて、どこに社説があるのか分からないということも、理由の一つでした。
ようやく最近になって、le Monde のサイトにも慣れてきて、社説の場所が分かるようになりました。
ですから、社説をプリントアウトして読むことにしたいと思います。
なお、読解対象とする社説は、できる限り多様な分野のものにします。
理由は、NHK World やRFIの学習では、政治、経済、国際関係の話題になることが多いので、そういった分野ではない分野のフランス語に慣れたいからです。

なお、読解学習において参考になることが、「仏検公式問題集2011年度 1級」(フランス語教育振興協会)に記されています。
準1級に受かってもいないのに、1級の問題集を持っているというのもおかしいのですが、それは御寛恕いただきたいと思います。
そのテキスト12~13ページに、次のような記述があります。

「語学の上達には『質と量』の双方からアプローチする必要があることも忘れてはいけません。
『質』を重視した学習としては、例えばLe Monde などの高級紙に掲載された論説文をじっくり精読する学習があげられます。
一字一句もゆるがせにせずに、高度かつ論理的な内容の文を、じっくりと味わうことは、フランス語特有の思考力に慣れる上で極めて重要だと言えましょう。
その際、大切なのは、『少数精鋭主義』を守ることです。
精読する場合、数は少なくても構わないので、そのページを暗誦できるくらいに何度も読み込みことがポイントとなります。
そのフランス語を自分の手で書き写したり、100回ほど音読してみたり、あるいは翻訳してみたりしてください」


限られた時間で学習している私にとっては、ありがたいアドバイスです。
数多くを読みこなすことは無理なので、「少数精鋭」でいきたいと思います。


3.日常的な会話

あと、日常的な会話というものが、私の学習には完全に欠落しています

会話スクールには通っていないので、挨拶なんかを交わす機会もありません。
とはいいつつも、このままではいけないと思います。
この先、フランス語ネイティブと話す機会があったとしても、会話の口火をきることができません。

そのための学習としては、今のところは、次のサイトで日常会話の表現に接していこうかと考えています(クリックすれば、そのサイトに飛びます)。

「東京外大言語モジュール フランス語」

そのサイトの「会話モジュール」の中の「教室用フランス語」を少しでも、ものにできればいいのかと考えています。
時間が限られているので、この学習に割ける時間は少ないです。
几帳面には考えずに、ときどきこのサイトにアクセスして、気楽に見ながら真似るというような方法でいいのではないかと思っています。



にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村



フランス語 ブログランキングへ




勝手に1200時間フランス語ヒアリングマラソン
 記録(2013年2月17日17時30分現在)
 前回からの走行時       0分
 通算走行時間       740時間50分
 ゴールまで         459時間10分



スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。