スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラムのレッスン、両手の16ビート

昨日(26日)に、ドラムのレッスンがありました。
昨年秋から、両手の16ビートを練習しています。

【これまでのレッスンの大きな流れ】

レッスンを始めて、今月でちょうど3年になります。
この間、レッスンの大きな流れとしては、基本の8ビートから始まって、片手の16ビート両手の16ビートと来ています。
そして、ときどきロックドラムも挟んでいます。
もちろん、例えば、8ビートと言っても、手足のコンビネーションは無限にあり、到達度をみながら、講師が無理のないようにコンビネーションを選んでいます。
速さもいろいろです。
16ビートというと速いような印象がありますが、遅いものもあります。
フィルインも様々なパターンを習得しています。
シンコペーションも練習しています。


【レッスンの方法】

レッスンの部屋には、ドラムセットが2セットあり、そのほかに、ゴムパットを叩くような練習台があります。
現在、同じ時間の生徒は3人ですから、二人がドラムセットで叩き、一人は練習台を叩くことになります。
レッスンは1時間、3人で順番にドラムセットで叩くことになります。


【どのような曲を練習しているか】

現在は練習のために作られた曲で練習をしています。
しかし練習曲ばかりでなく、到達度をみながら、先生が選んだ曲や生徒の希望する実際の曲を練習します。
生徒の希望する曲とっても、無理がないと講師が判断したもので、講師が到達度に合わせてアレンジをしています。
練習曲よりも実際の曲を叩く方が、やはり楽しいです。
どのような曲を練習してきたかは、次の機会にリストアップしてみたいと思います。
アジアンカンフージェネレーションの「君という花」なんて曲を練習していた時期もあります。


この日で、両手の16ビートは、とりあえず終わりました。
次回からは、次の練習を始めるということです。


にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村



フランス語 ブログランキングへ




勝手に1200時間フランス語ヒアリングマラソン
 記録(2013年1月27日22時50分現在)
 前回からの走行時        0分
 通算走行時間       714時間30分
 ゴールまで         485時間30分


スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。