スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これからは「書く」学習の時間も捻出していきます

【本日の学習】
今日は土曜日。
この時間までには、次のような学習をしました。

まず「La radio à lire」のヒアリング  30分
平日の通勤時と同じように、テキストは見ないで聴きました。
家の中で聞いていたのですが、ただ聴いているだけでは、ちょっと時間が惜しいような気もしました。
家ではテキストを見ながらの方がよいかも。

次に、今週から始めた「2010年アンコールまいにちフランス語」の復習をしました。
録音したものを繰り返して度聞くというのではなく、電車の中ではできない、「声に出す」「書く」の学習です。
1課4ページ構成なのですが、書いていると時間がかかってしまいます。
今週は通勤時に4課進めたのですが、今日は、とりあえず1課のみの復習となりました。

【これからは「書く」学習の時間も捻出】
これまでの学習においては、「書く」学習にはほとんど時間を割いてきませんでした。
通勤時間が学習の中心なので、仕方ないことではありますが。
当然のことなのですが、2級2次試験の準備で作文をしていく過程で、書く力の無さを確認しました。
前進するためには、「書く」学習にしっかりと取り組む必要があります。

通勤時に書くことはできないので、それ以外の時間帯で「書く」時間を捻出しないといけません。
可能なのは、平日の昼休み、平日の帰宅後、休日といったところでしょうか。
休日は時間があるといえばあるのですが、何度か書きましたように、休日に家族をほったらかしにして一人で自分の世界に没入してばかりもできません。
平日も含め、やはり隙間時間を効率的に活用して、積み重ねるということでしょうか。
もっとも、本も読みたいし、もちろん休息も欲しいので、隙間時間をフランス語にばかり充てるというわけにもいかないですが。

「書く」学習の対象としては「2010年アンコールまいにちフランス語」「ラルースやさしい仏仏辞典」を考えています。
「2010年アンコールまいにちフランス語」については、録音を聴く学習と平行して、書くことによって、テキストをしっかりとマスターしたいと思います。
「ラルースやさしい仏仏辞典」は、782ページもあり、まだ一通り読めてもいないのに、一体何を書くのか?という話ではあります。
これについては、例文の中の、感嘆するような表現、自分ではおよそ発想もできないような表現、そういった表現が出てくるので、このあたりは書いて自分のものにできれば、と思います。
また、動詞→名詞、名詞→動詞といったような派生語も載っているので、そのあたりについてもトライできればと思います。


勝手に600時間フランス語ヒアリングマラソン
 記録(2011年1月29日17時40分現在)
 前回からの走行時間     30分
 通算走行時間      304時間55分 
 ゴールまで         295時間5分
スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

仏検2級再チャレンジ:MRI装置の中でもフランス語

今日は、病院へ行きました。
ちょっと腰が気になっていて、MRI検査の予約が今日。
試験の前日に病院というのも面倒なのですが。

病院へは自家用車を運転していったので、いわば密室。
そこで、片道30分くらいの行程は、フランス語。
そう、運転しながら、あれこれ思いつくことをフランス語で喋ってみたり。
例えば「私は病院へ行こうとしている」「今日は天気が良い」など(ちょっと簡単すぎましたか 
動詞の活用を声を出して、確認したり。
先日のラ・ブレ・フランスで得た教訓のとおり、ゆっくりと確実に喋るようにしました。
もちろん、信号で止まっている間は、口を閉じていました。
それにしても、ちょっと危ないオジサンでしょうか?

予約だったので、病院での待ち時間はなく、直ちに検査開始。
MRI装置の中には30分ほど。
じっとしているしかないので、頭の中で、フランス語。
やはり、思いつくことをフランス語にしてみたり、動詞の活用の確認など。

もちろん、帰りの自家用車の中でもフランス語。


明日は、いよいよ2次試験。
受験される皆さん、頑張りましょう!!



勝手に600時間フランス語ヒアリングマラソン
 記録(2011年1月22日15時40分現在)
 前回からの走行時間     0分
 通算走行時間       297時間40分 
 ゴールまで         302時間20分

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

仏検2級再チャレンジ:フランス語教室ラ・ブレ・フランスでは貴重な教訓!

【昨日(20日)はラ・ブレ・フランスでレッスン】
この日の朝の電車では、やはり2次試験用作文を読んで過ごしました。
下車後オフィスまでは「口が覚えるフランス語」のヒアリング 15分

さて、この日は、仕事を終えた後、夜に、フランス語教室ラ・ブレ・フランスで1時間のレッスンです。
プライベートレッスンで、仏検2級の2次試験用のレッスンをお願いしてあります。

表参道までの移動の時間を利用して、やはり、2次試験用作文を読んで過ごしました。

ラ・ブレ・フランスに到着。
講師は、シャルル先生です。
これまで、昨年1月に準2級2次試験の直前に2回レッスン、準2級合格後の4月15日に1回レッスンを受けています。
9か月ぶりのレッスンです。
つまり、9か月ぶりに、フランス語の会話をすることになります。

昨年1月の1回と4月の2回のレッスンはシャルル先生。
シャルル先生に、成長の跡を見せようと意気込んでいったのですが。

レッスンでは、2009年春秋と2008年春秋に出題されたテーマを一覧にしたペーパーを持参しました。
そのテーマを参考に先生からテーマを出してもらい、5分程度のやりとりを行うという形のレッスン。

これまでシャドウイングでフランス語を口に出してきていたのですが、やはり、実際のやりとりは違うことを実感しました。
気負い過ぎなのか、さあ喋ろうとしても、スムーズに声が出てきません。
簡単な動詞の活用を間違えたり、簡単な動詞が出てこなかったり、知っているはずの名詞が出てこなかったり。
また、作文では気の効いた文を作ったつもりでも、スムーズに出てこなかったり。
言い始めて、途中で考え込んでしまうことも多々ありました。
このような感じで、ギクシャクしたやりとりが続きました。

何だか1時間がとても長く感じられてしまいました。
先生からは、途中で、ともかく、焦らずに、ゆっくりでいいから確実に喋るようにというアドバイスがありました。

レッスン前には、先生に9ヶ月間の学習の成果を見せたいと意気込んでいたのですが、それどころではありませんでした。
自分でも、進化できたなんて、とても思えませんでした。
先生は、会話になっていたので、自信を持って受験すればいいと、言ってくださったのですが。
やさしい先生、どうも、ありがとうございます。

レッスン語、表参道駅まで、先生と一緒に帰りました。
華やかな表参道、私の心は複雑。

教訓です。
難しいこと、気の効いたことを言おうなどとしない。
ともかく簡単な単語を使う。
基本的な動詞の活用を確実に行う。
ilとelleを間違えない。
ゆっくり確実に喋る。
早口にならない。


【本日の学習】
「ゆっくりと確実に喋る」という意味では、手持ちの教材の中では「フランス語スピーキング」の会話の日本人役の人物のフランス語が参考になります。
ですから、今日は、そのテキストを持って出ました。
朝の電車の中では、そのテキストをざっと一通り読みました。

下車後オフィスまで「フランス語スピーキング」のヒアリング 15分

帰りの電車でも「フランス語スピーキング」のヒアリング 40分


勝手に600時間フランス語ヒアリングマラソン
 記録(2011年1月21日23時50分現在)
 前回からの走行時間     1時間10分
 通算走行時間       297時間40分 
 ゴールまで         302時間20分

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

仏検2級再チャレンジ:明日(20日)はフランス語教室ラ・ブレ・フランスで1時間のレッスン

【明日はラ・ブレ・フランスでレッスン】
今日も、朝と帰りの電車の中では自分の2次試験用の作文を読んで過ごしました。
赤ペンと「スタンダード佛和小辞典」を持って。
単に修正しているだけだはなく、話が展開していっているものもあります。
前にも書いたように、簡単な文に時間をかけすぎの感がないではないのですが、ともかく後3日です。

朝の電車下車後、オフィスまで「口が覚えるフランス語」のヒアリング 15分

明日は、表参道のフランス語教室のラ・ブレ・フランスに1時間のレッスンを予約しています(ブログの左にラ・ブレ・フランスのリンク張ってあります)。
仕事を終えてからですが、仕事で疲れたなんて言っていられません。
せっかくの実戦練習、最大限の効果を得たいと思います。
2次試験の準備ということで頼んであります。
どの程度、やりとりができるか楽しみです。
話が展開していったときに、どの程度、対応してついていけるか?
もちろん、そううまくはできないと思いますので、修正すべき課題をしっかりと確認したいと思います。

今夜は、この後、作文の音読をします。


【ジャック・アタリが日本に来ていた】

今朝、朝日新聞の「首相動静」の欄を読むと、「18日午前9時18分、フランスの経済学者ジャック・アタリ氏」とありました。
何と、ジャック・アタリが来日していて、しかも首相に会っていたのです。

1次試験終了後に読み始めていた「Sept leçons de vie 」は、ジャック・アタリの著書です。
未知の単語が多くてすんなりと読めていなかったことはブログに書いているとおりですが、それなりに面白い本です。
1次試験合格の通知があった後には、読解を中断してしまっていますが、2次試験を終えて、来週からは、読解を再開したいと考えています。

2次試験が終わったら、フランス語に関して、あれをやってみたい、これをやってみたいと、そのような思いが強まっています。



勝手に600時間フランス語ヒアリングマラソン
 記録(2011年1月19日22時30分現在)
 前回からの走行時間     15分
 通算走行時間       296時間30分 
 ゴールまで         303時間30分

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

仏検2級再チャレンジ:2次試験用ペーパーの確認と修正が続く、自分のものとなってきている感じがします

【昨日(17日)の学習】
朝の電車では、やはり2次試験用のペーパーを読んで過ごしました。
電車の中ですから声に出して読むわけにはいかないので、頭の中で読み上げています。
すんなりと読めないところが依然としてあります。
そのような場合、出来る限り文を短くして、簡単な単語に置き換える方法を考え、修正を加えていきます。
辞書は「スタンダード佛和小辞典」(大修館書店)を携帯。
また、文法的なミスがまだ出てきます。
自分で作文してみると、男性名詞と女性名詞の区別がそれなりに難しいです。

下車後オフィスまでは「口が覚えるフランス語」のヒアリング 15分

帰りの電車の中でも2次試験用ペーパーを読んで過ごしました。
確認したいことがあるとき、「スタンダード佛和小辞典」(大修館書店)では、ちょっと足りないので、次の日は「新スタンダード仏和辞典」を持ってでることにします。

夜は音読をするつもりだったのですが、読み始めると、やはりミスに気になってしまいました。
このため、昼間は持っていない、過去に使ったテキストなんかも読み返して、修正を行いました。

【本日の学習】
今日は朝からオフィスとは別のところで用務。
朝早く家をでましたが、電車の中では、フランス語ではなく、仕事の書類を読んで過ごしました。

下車後、用務先の近くまで「口が覚えるフランス語」のヒアリング 20分

用務先近くの喫茶店に入って、仕事の確認をした後、時間までフランス語。
2次試験用ペーパーを読みました。
今日は、「新スタンダード仏和辞典」を持ってきているので、疑問に思う点をしっかりと確認し、修正を加えながら読みました。
随分と読みやすくなってきています。

実際の試験で同じテーマが出ることは少ないのでしょうが、何度も修正をしているうちに、ペーパーの文章が自分のものになってきているように思います。
違ったテーマが出されても、いずれかの作文を応用すれば近い話はできるのでないかという気がしてきます。

用務が終わってオフィスに戻る途中、昼食のため入ったコーヒーショップでもフランス語。
サンドイッチはさっさと食べて、朝の続きで、「新スタンダード仏和辞典」を使いながら、2次試験用ペーパーの確認と修正。

オフィスへの移動の電車の中でも、その作業は続きました。

下車後オフィスまでは「口が覚えるフランス語」のヒアリング 15分

帰宅の電車の中でも、ペーパーを読んで過ごしました。


勝手に600時間フランス語ヒアリングマラソン
 記録(2011年1月18日22時55分現在)
 前回からの走行時間     50分
 通算走行時間       296時間15分 
 ゴールまで         303時間45分

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。