スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試験の結果、今日は届いていませんでした

今日も同じような学習の1日でした。

朝は、いつものとおり、「2010年アンコールまいにちフランス語」中級編で始まり。
「Faire un exposé」の2巡目、今日はleçon21と22
この二つの課は「Argumenter 論理立てて話す」
talk master slim の録音を流して、テキストを読みながらの学習です。
テキストは開いていますが、フランス語が流れる部分は、なるべく、テキストを見ないようにはしています。
朝は、幸い、いつも座れるので、学習に集中できます。

下車後オフィスまでは「口が覚えるフランス語」のヒアリング(&頭の中でシャドウイング) 15分

帰りの電車では、まず「La radio à lire」のヒアリング。
一通り聴いたので、ヒアリング時間は 30分
聴こえてくる単語(&若干の単語の塊)はあるけれども、文が聞こえてこないという状態が続いています。
ただ流しているだけのような感じがしないでもなく、その時間を「効率的に」「濃く」使えているかという疑問がないではないのですが、ともかく続けていきます。

この後、下車までは時間が少しあったので「La radio à lire」の読解を少し。


仏検の案内によると「2次試験の結果は17日に発送予定」とあったので、今日あたり、届いているかもと思って帰りましたが、 まだ届いていませんでした。
明日ということなのでしょうか。


勝手に600時間フランス語ヒアリングマラソン
 記録(2011年2月18日22時05分現在)
 前回からの走行時間     45分
 通算走行時間       317時間35分 
 ゴールまで         282時間25分
スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

フランス語実戦デビュー?とは、いきませんでした

今日も同じような学習をしましたが、帰宅時に少し変化がありました。
フランス語の実戦デビュー?ではないのですが。

【今日の学習】
今日も、朝は、「2010年アンコールまいにちフランス語」中級編で始まります。
昨日で中級編の中の「Faire un exposé」を一通り終えましたが、今日からは2巡目の学習。
ということで、最初に戻って、今日はleçon19と20
talk master slim の録音を流して、テキストを読みながらの学習です。
ちなみに、この二つの課は「Présenter un document テキストを紹介する」。


下車後オフィスまでは「口が覚えるフランス語」のヒアリング(&頭の中でシャドウイング) 15分

今日は午後に外出する用務があったので、その移動を利用して「La radio à lire」の読解を少し。
ともかく、新出の単語と熟語が多いのです。
この時間に学習した中で出てきたものとしては、例えば次のようなもの。

bel et bien  「新スタンダード仏和辞典」によると、「本当に、疑いもなく、きっぱり、はっきり」
sonner le glas de  「新スタンダード仏和辞典」によると、「~の終焉を告げる」


帰りの電車では、まず「La radio à lire」のヒアリング。
一通り聴いたので、ヒアリング時間は 30分

この後、下車までは時間が少しあったので「La radio à lire」の読解を少し。

【フランス語、実戦デビューならず】
帰宅時に自宅の最寄り駅の改札を出たところ、ブロンドヘアーの青年が何か配っています。
あやしげな雰囲気はなく、いかにも語学学校のパンフレットを配っている感じ。
もしフランス語の学校ならフランス語の実戦デビューできるかもと考えたものの、きっと英語だろうと思いつつ、歩いて行くと、その青年と目が合いました。
すると、日本語で
「英語に興味ありますか?」ときました。
『やはり、英語』とちょっとガッカリですが、せっかくなので、英語で話してみるかと思い、英語で応対したところ、相手も英語で話し始めました。
聞けば、アメリカはユタ州出身だとか。
なんだかんだと話した後、突然、「Do you study English now?」ときました。
ここで、会話に波乱を起こそうと考え、私の答えは「I study French now」。
相手が驚いているので、さらに追い打ちをかけて、大胆にも「Do you speak French?」とやってしまいました。
すると、すごくゆっくりとした口調で「Je ne peux pas parler le Français.」ときました。
ここはフランス語で返さないといけないと考え、「Vous pouvez parler le Français.」
ここまででした。
この後、お互いに黙ってしまい、フランス語の会話は発展せず。
英語に戻って、お互いホッとした感じでしばらく話して帰りました。
これでは、フランス語実戦デビューというわけにはいきません。



勝手に600時間フランス語ヒアリングマラソン
 記録(2011年2月17日22時35分現在)
 前回からの走行時間     45分
 通算走行時間       316時間50分 
 ゴールまで         283間10分

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

「2010年度アンコールまいにちフランス語」中級編の中の「Faire un exposé」、一通り終えました

今日も、朝は、「2010年アンコールまいにちフランス語」中級編で始まります。
今日はleçon47と48
talk master slim の録音を流して、テキストを読みながらの学習です。
この二つの課でテキストは終了ということで、内容も、それにふさわしく「Conclure 結論を言う」。
プレゼンテーションを終わらせる方法についてです。
ちなみに、プレゼンを締めくくる3つの重要なポイントは次の3つだそうです。

・一つの文でプレゼンの要点をおさらいする。
・一般的な考察に拡大する。
・聴いている人に礼を言い、相手の発言を求める。


ちなみに、今回の話題も「高齢化」。
「人口の高齢化」は、le vieillissement de la population.

今日で、「2010年アンコールまいにちフランス語」中級編の中のleçon19から48までの「Faire un exposé」を一通り終えました。
でも、もちろんこれで終わりではありません。
単に、テキストの確認がおわったに過ぎません。
明日から、leçon19に戻って繰り返しです。
納得いくまで繰り返して、プレゼンの方法を身につけたいと思います。
これは、プレゼンだけのためではなく、論理的に会話をするような場合に使えるはずです。
また、話題が、家族、仕事、ダイエット、社会における女性、環境、高齢化など社会的、時事的なものですので、それらの分野における単語や熟語もしっかりと自分のものにしていきたいと思います。


下車後オフィスまでは「口が覚えるフランス語」のヒアリング(&頭の中でシャドウイング)。
今朝は、途中で郵便局に寄ったので、少し多めにヒアリングができ、25分

帰りの電車では、まず「La radio à lire」のヒアリング。
一通り聴いたので、ヒアリング時間は 30分
ラジオのニュースということもあるのでしょうか、ともかく切れ目なくフランス語が溢れ出ててきます。
こんなに喋り続けて息が続くのか心配になるほど、喋り続けなのです。
一体どこで文が切れているのか、さっぱり分からないのです。
キチンと聞き取れるようになったら、文の切れ目も分かるようになると願うばかりです。

この後、下車までは時間が少しあったので「La radio à lire」の読解を少し。
読んでみると、慣用的な表現(熟語)が多く使われていることが分かります。
今日読んだ中で次のような表現がありました。

「y faire 」

『これは、もしかして特別な用法?』と思って、「新スタンダード仏和辞典」で調べると、何と、やはり熟語なのです。
その意味は、

「効果がある」

この意味を当てはめて読むと、確かに、文が意味をなしているのです。
フランス語の道は果てしなく遠くまで続いています。



勝手に600時間フランス語ヒアリングマラソン
 記録(2011年2月16日22時55分現在)
 前回からの走行時間     55分
 通算走行時間       316時間5分 
 ゴールまで         283間55分

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

昼休み、銀行への往復と待ち時間もヒアリング

今朝も、電車の中では、まず「2010年アンコールまいにちフランス語」中級編
今日はleçon45と46、テキストを読みながらの学習です。
この二つの課は「Exprimer une opposition et des conséquences en chaîne 物事を対比し、結果を続けて述べる」です。
二つの対立する事柄を挙げて、それから結論を述べるような方法についての学習です。

そして、今回の話題は「高齢化」。
la retraité(退職者)、 la retraite(年金)、la natalité(出生率)、l'espérance(平均寿命)といった表現が使われており、日本のことを述べるような場合にも役立ちそう。

下車後オフィスまでは「口が覚えるフランス語」のヒアリング(&頭の中でシャドウイング) 15分

今日は、昼休みを利用して銀行へ行きました。
そして、その往復時間や待ち時間を利用して、 「La radio à lire」のヒアリングを行いました。
一通り聴くことができたので、ヒアリング時間は 30分

帰りの電車でも、まず「La radio à lire」のヒアリング。
一通り聴いたので、ヒアリング時間は 30分

この後、下車までは時間が少しあったので、「ラルースやさしい仏仏辞典」の読解を少し。



勝手に600時間フランス語ヒアリングマラソン
 記録(2011年2月15日21時55分現在)
 前回からの走行時間     1時間15分
 通算走行時間       315時間10分 
 ゴールまで         284間50分

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

平日の典型的な学習パターンの1日でした

月曜日です、今週もフランス語学習が始まりです。

今朝も、電車の中では、まず「2010年アンコールまいにちフランス語」中級編
talk master slim の録音を流して、テキストを読みながらの学習です。
今日は、leçon42と43
この二つの課は「Reformer 言い換える」です。
言葉の意味を文章にして表したり、文を言い換える方法です。

そして、今回も話題となっているのは環境問題。
環境問題に関して、次のような表現も出てきました。
un panneau solaire 太陽電池パネル
une éolienne 風力発電


下車後オフィスまでは「口が覚えるフランス語」のヒアリング(&頭の中でシャドウイング) 15分

帰りの電車では、まず「La radio à lire」のヒアリング。
ところどころ、単語ではなく、単語の塊が聞こえてくるようになってきたようにも感じるのですが、あくまでも「単語の塊」。
それは、決して文ではなく、あくまでも文の断片。
断片を増やしていけば、いつかは聴けるようになるのかなんて期待して、ともかく、速い音源のヒアリングは続けます。

一通り聴いたので ヒアリング時間は30分

この後、下車までは時間が少しあったので「La radio à lire」の読解を少し。
電車が混んでいたので、「新スタンダード仏和辞典」を開くことはできませんでいした。
重い辞典、せっかく持ってきたのに、使えず、ガッカリ。


このところ、平日は、今日のようなパターンの学習が続いています。
習慣になってきたような。

勝手に600時間フランス語ヒアリングマラソン
 記録(2011年2月14日23時05分現在)
 前回からの走行時間     45分
 通算走行時間       313時間55分 
 ゴールまで         286時間5分

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。