スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏検準1級受験:家族を待つ自動車の中でもフランス語

今日は日曜日。

午前中は、落ち着いて学習できたので、「聞く」「書く」の学習を進めることができました。
行ったのは、仏検公式問題集の過去問。

まず、「書き取り」、2006年度の過去問
この問題も第3ラウンドです。
まぁまぁ書けた感じがしましたが、残してある第2ラウンドの結果と見比べると、あまり進歩がなかったようです。

次に、「聞き取り大問1」を解きました。
これは第2ラウンドです。
結果は次のとおり。
2009年度 10問中6問正解
2007年度 10問中3問正解
2006年度 10問中5問正解
2005年度 10問中7問正解

合計すると、40問中21問正解で正答率は52.5%

ちなみに、残してある第1ラウンドの結果は次のとおりでした。
2009年度 10問中2問正解
2007年度 10問中4問正解
2006年度 10問中6問正解
2005年度 10問中2問正解
合計すると、40問中14問正解で正答率は35%

第2ラウンドの結果は、第1ラウンドよりもよくなっています。
ただ、第2ラウンドの結果ということも考慮しないといけません。
また、年度によっては第1ラウンドよりも落ちている場合もあります。
そして、年度によって出来と不出来の差が激しいです。

2010年度の仏検の「聞き取り大問1」の平均得点率は43%
第2ラウンドの結果は、全体計では、この平均得点率を上回っていますが、年度によっては下回っているときもあります。

本番では、出来がいい年度のような回答ができればいいのですが、逆の場合も十分にありえます。
一体、この年度による出来不出来の波の大きさは何なのかな?と思います。
私の知らない単語が少ない年度は分かりやすいのか?、あるいは、問題に関わる部分に知っている単語が多いと出来がよくなるのか?
一言でいうなら、相性のいい問題と悪い問題があるのか。
相性の悪い問題とぶつかってしまうことが当たり前と考え、その場合でも精一杯抵抗できるように準備が必要です。
ともかく、シャドウイングと語彙の増強でパワーアップ!


午後には、外出している家族を自動車で迎えに行きました。
時間の約束がしてあったものの、待たされる場合のことも考え、念のため「仏検 準1級・2級必須単語集」を持って出ました。
これが正解でした。
やはり、待たされることとなったので、駐車場に停めた自動車の中で、テキストを読んで、単語のチェックを進めました。

ちなみに、往復の自動車の中では、CD「CHANSON」をたっぷり聞きました。


夜には、「フランス語の書き取り・聞き取り練習 中級編」の「聞き取り」部分のシャドウイング 15分


にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村


勝手に600時間フランス語ヒアリングマラソン
 記録(2011年11月6日23時5分現在)
 前回からの走行時間       15分 
 通算走行時間       438時間55分 
 ゴールまで         161時間5分




スポンサーサイト

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

仏検準1級受験:「書き取り」問題第3ラウンド、スペルミスは減少

今日は土曜日。

家で落ち着いて学習できりる時間が結構ありました。
「聞き取り」問題を何題か解きました。

まずは、仏検公式問題集の「書き取り」の過去問。
既に2回解いているので、第3ラウンドということになります。
2009年度と2008年度の問題を解きました。
これまでを振り返ると、第2ラウンドの結果は、第1ラウンドよりも微妙に進歩したにとどまっていました。
今日行った第3ラウンドはどうかというと、第2ラウンドよりもかなり書けたように思います。
「書き取り」の解答は赤字で修正して残しているので、これまでの解答と比較できますが、第3ラウンドの解答は第2ラウンドよりも赤字の占める面積がずいぶんと減ったように感じられます。

この結果をどう考えるか?です。
動詞の活用語尾については、以前よりも聞き取れてきているのかなぁとは思います。
また、聞き取れた単語についてはスペルミスも少なくなってきたように感じます。
でも、第2ラウンドと第3ラウンドの間隔が短かったので、単純に、力が着いてきたとはいえないと思います。
そして、音は聞き取れても瞬間的に意味がつかめていない部分もまだまだあります。


この後「フランス語の書き取り・聞き取り練習 中級編」の「書き取り」問題を、2問解きました。
こちらも、第3ラウンドです。
こちらも、第2ラウンドよりは、赤字の修正面積が減ったように思います。
でも、やはり、第2ラウンドと第3ラウンドの間隔が短いので、力がついていると喜んではいけないと思います。


あと、次のシャドウイングを合わせて 1時間
シャドウイングは、仏検が間近に迫った現時点では、「聞き取り」「書き取り」対策と位置づけています。
テキストは見ないで、オリジナルの速さで音源を再生しています。
ともかく、できる限り確実に聞き取って声に出すように集中力を高めることが大事と考えています。
①「NHKラジオ講座アンコールまいにちフランス語2009年度パートⅡ」応用編「数字が語るフランスの現在」
②「フランス語の書き取り・聞き取り練習 中級編」の「聞き取り」部分



にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村


勝手に600時間フランス語ヒアリングマラソン
 記録(2011年11月5日22時10分現在)
 前回からの走行時間     1時間 
 通算走行時間       438時間40分 
 ゴールまで         161時間20分


テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

仏検準1級受験:大問4は、半過去、複合過去、大過去の使い分けが課題

今日は日曜日。
公式問題集で過去問にチャレンジの1日でした。

まず、大問4(動詞活用)の過去問
結果は次のとおり。
2009年度 5問中2問正解
2008年度 5問中2問正解
2006年度 5問中1問正解
2005年度 5問中1問正解
2010年度 5問中2問正解
全体で  25問中8問正解で、正答率は32%


6月に行った第1ラウンドの成績は、年度による正解の内訳は若干違っていたものので、全体では25問中8問正解でしたから、第2ラウンドと同じだったわけです。
これでは、進歩がないことになってしまいます。
ちょっとガッカリ。

でも、解いたときの印象は、第1ラウンドとは、ちょっと異なっていたように思います。
というのは、今回、少なくとも動詞の選択の間違いはぐっと減ったように思います
間違ったのは動詞の活用で、正しく選択した動詞について、半過去、複合過去、大過去の使い分けにおいて間違ったところが結構ありました。
この使い分けが、課題のひとつとしてクッキリと浮かび上がってきました。
動詞の選択の間違いが減ったことに加え、これは、一つの成果です。

2010年度の平均得点率は26%
過去問の結果を見ると2問解けた年と1問解けた年があるので、平均辺りということになります。
なんとか2問正解は確保して、できれば、あと1問かさ上げしたいと考えます。



このあと、「書き取り」問題の過去問
まず、2006年度、2005年度の過去問の第2ラウンド。
第1ラウンドと比べると、間違いが減ったように思います。

そして、2010年度の問題に初チャレンジ。
はじめた解いたわりには、まぁまぁ書けたように思います。
2010年度の平均得点率は52%
そこまでは書けていないと思いますが、試験当日に絶好調なら、平均得点率に近い点に迫ることもできるのではないか、なんて考えてしまいます。

あと3週間、がんばっていきます!


にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村


勝手に600時間フランス語ヒアリングマラソン
 記録(2011年10月30日21時10分現在)
 前回からの走行時間     0分
 通算走行時間       435時間35分 
 ゴールまで         164時間25分


テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

仏検準1級受験:過去問チャレンジ、第2ラウンドの結果は進化している?

今日は、まず「フランス語の書き取り・聞き取り練習 中級編」
このテキストの「書き取り」は第2ラウンドに入っています。
2問解いてみましたが、どうもうまく書けません。

第1ラウンドの結果を残してあります。
これでは、第1ラウンドから進歩がなにのではないかと、第1ラウンドの結果と見比べてみました。
間違いは赤で修正しているので、赤字の占める割合を見比べると、ほとんど同じくらいの印象。
更に詳しくみると、若干、単語2~3個ぐらい多めに、第2ラウンドの方が書けていました。
進歩があったと言えばそう言えるのかもしれませんが、満足感は高まってきません。


過去問の「書き取り」問題は進歩しているのか確かめたくなり、公式問題集の「書き取り問題を解くことに。
2009年度と2008年度の問題を解いてみました。
「フランス語の書き取り・聞き取り練習 中級編」の「書き取り」問題よりは書けました。

これについても、第1ラウンドの結果が残してあるので、それと比較。
書けた部分は増えていますが、わずかです。

それにしても、2009年度に比べると2008年度の問題は、私にとってはかなり難しいのです。
2008年度くらいのレベルの問題も出題される可能性のあることを考え、準備が必要です。


今日は、さらに、公式問題集大問1(名詞化)を解きました。
結果は、練習問題15問中4問正解。
さらに2010年度の過去問は 5問中1問正解。
合わせて、20問中5問正解で、正答率は25%

6月の第1ラウンドでは、20問中3問正解でした。

第1ラウンドよりは伸びていると喜んでいいものか。
名詞化に特化した学習はしてきていませんでしたが、語彙を増やすことを念頭においた学習は進めてきました。
しかるに、4ヶ月間の成果をどう考えればいいものかと。

ちなみに、2010年度の大問1の平均得点率は30%
少なくとも2問解かないことには、平均得点率に達しません。
まずは2問を確実の解くことが目標。


にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村


勝手に600時間フランス語ヒアリングマラソン
 記録(2011年10月29日23時59分現在)
 前回からの走行時間     0分
 通算走行時間       435時間35分 
 ゴールまで         164時間25分













テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

仏検準1級受験:大問7は得点源にしたい

朝の電車の中では、仏検公式問題集
昨日の帰りの電車の続きで、大問7の過去問。
2007年度の過去問
よく内容も理解でき、頭の中で考えた答は外していないように思いました。
答は実際に書いたわけではなく、実際に書くと、また違うのかもしれませんが。


下車後オフィスまでは「仏検 準1級・2級必須単語集」準1級の部分の例文のヒアリング 15分


帰りの電車も、仏検公式問題集
2005年度と2010年度の過去問
どちらも、出題された文章の内容はよく分かりました。
頭の中で考えた答えは、ほぼ合っていたように思えます。


昨日とあわせて、大問7の過去問を5題解きました。
いずれも出題されている文の内容はよく分かり、頭の中で考えて答は、あまり外れていないように思えました。

しかるに2010年度の大問7の平均得点率は39%でしかないのです。
もっと細かく、小問ごとに平均得点率をみると、(1)43%、(2)39%、(3)37% なのです。
自分のイメージとあまりにも離れているのです。
これは、どう考えればいいのか。
回答を実際に書いたわけではないので、実際に書くときちんと制限字数の範囲内では書くことが難しいのかもしれません。
あるいは、大問7の採点は、相当厳しいのか。

これまで過去問を解いてきていますが、私の得点傾向は、だいたいのところ、平均得点率付近ということになっています。
時として私の得点が平均得点率を大幅に下回ることはありますが、逆に、私の得点が平均得点率を大きく上回ることはありませんでした
ですから、大問7も平均得点率付近と考えておくほうがよいのかもしれません。

日本語の長い文章をコンパクトにまとめるとか、要旨を数行とか2~3行でまとめるというようなことは、これまでの仕事の中でかなり経験を積んできていますので、これを生かして、何とか大問7は得点源にしたいと考えています。
平均得点率が40%辺りであるというなら、少なくとも確実に60%ぐらいはめざしたいと考えています。


にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村


勝手に600時間フランス語ヒアリングマラソン
 記録(2011年10月26日23時45分現在)
 前回からの走行時間     15分
 通算走行時間       435時間5分 
 ゴールまで         164時間55分



テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。